1 Shares

【司馬遼太郎入門その3】関ヶ原ー徳川家康と石田三成の鬩ぎ合いの描写が素晴らしい

関ヶ原合戦図屏風

司馬遼太郎さんの書く関ヶ原は、この戦いによって日本の運命が大きく変わったという司馬さんの強い思い入れが詰まっていて、特に徳川家康と石田三成との鬩ぎ合いの描写が実に素晴らしい。ちなみに、この本は上中下巻の3巻で構成されています。

家康と三成の鬩ぎ合い

この本は、豊臣秀吉が死に、豊臣家が割れ、そして戦いが始まり、その戦いが始まるまでに多くのエピソードがあり、それを司馬さんのすばらしい筆力で大変な名作になってます。主人公は、石田三成と徳川家康。関ヶ原ではそれぞれの盟主となった二人です。

じゃあ、どうして関ヶ原の合戦が起きたのかという事を考えて行くと、まず、徳川家康が秀吉が死んだ後、天下を取るという事を明確にしたという事です。これは、当時の権力委譲については、最初織田信長の天下があり、信長の死後世襲をせず、秀吉が実力で天下を取ったわけで、次の天下の支配者も実力でとるという世間の見方があり、家康はそれに乗っかったというところがあります。
一方で、豊臣家の天下は安泰だから、当然世襲であるという考え方の石田三成がいて、家康に対して強烈に反発をします。そこで各派に分かれて対立が先鋭化してしまい、結局戦いで事を済まさなければ行けない状態になります。
ただ、家康だけが悪い訳じゃなくて、石田三成があまりにも人徳がなかったというところもあります。つまり、秀吉は天下を取るまでは、黒田勘兵衛、竹中半兵衛といった参謀がつきます。その後天下が安定すると、石田三成や大谷吉継といった優秀な官僚が政治の実務を担います。そうすると、今まで子飼の大名だった加藤清正や福島正則といった人たちも、石田を通さないと秀吉に取り次ぎがされなくなり、石田は虎の威を借りているような状態になり、ものすごく憎まれたし、石田たちも自分たちの事務が滞るのであれば平気で案件を蹴っ飛ばしていたりしてたので、ますます嫌われるという状況になりました。

したたかな家康

そういう内紛をうまく家康が、反石田側をたきつけて、それで上杉が国許で反乱を起こそうとしていると勝手にでっちあげて、上杉征伐をするということを名目にして大阪を空けたら、石田が立ち上がるだろうというところに、石田三成がまんまと家康の挑発に乗り、家康討伐の軍を立ち上げます。

ただ、世間的な評価として家康は250万石、三成は30万石弱かな。会社で言えば、大企業と中小企業がケンカするものであり、世間の評価や信用は圧倒的に家康が上で、結局決戦も家康が勝ち、石田三成は処刑されます。

そんな人間模様が入り乱れて、日本の戦いというのは、戦いが始まる前に色々な陰謀があって戦闘が始まるときには、事実上勝負が決まっているということが多いです。この関ヶ原もそうで、家康の石田陣営への攻勢はすごいものがあります。それがあまりにも陰湿だったために後世においては信長や秀吉と比べると、人気がないというところがありますし、小早川秀秋の裏切り行為は実に有名です。

とにかくこの関ヶ原の人間模様はほんとうに面白い。ちなみに、天地人の直江兼続も登場しますよ。個人的には、大谷吉継という人が好きです。彼は、石田の親友で、最後の最後まで家康との決戦を反対しましたが、三成が兵を挙げると、友人として石田の味方となり、結果的に負けるべき戦いをして石田に殉じます。生前の秀吉の評価も高く、10万の兵を大谷吉継に率いさせてみたかったといったと伝えられています。もちろん、この関ヶ原にも登場しますよ。大変重要な人物です。

司馬さんが描く家康

司馬さんが描く家康は、とにかく腹黒い。さらに腹黒い腹心本多正信が、家康につくことでますますこの二人は悪人として描かれています。司馬さんにすると、信長や秀吉になって商業国家になろうとしていた日本を、家康が天下を取ったことで日本を内向き志向の国にしてしまい、それが後世の日本に対して悪い影響を与えたということは、いろいろな本で語っています。この作品の中での家康は、武闘派と文治派に分かれている豊臣家を分断し、さらに亀裂を深めて、最終的には漁夫の利を狙うという戦略です。もちろん日本を代表する武将でもありますから、最後は一戦で決するために関ヶ原で雌雄を決することにはなります。ただ、そこまでの行動は悪党そのものです。

司馬さんが描く三成

一方三成の方は、本人が優秀であったということもあるにせよ、やはり秀吉の側近ということで威を奮いすぎたことが敗因でしたね。司馬さんが、言うには三成の行政力と加藤清正の武力と人望が協力し合えば、家康と対抗できたかもしれないということでしたが、結果は清正があまりにも感情に走りすぎたということもあって、この二人は完全に決裂をします。三成も加藤と対立をすることになれば、彼の背後にいる北政所に連なる人脈はすべて敵になるわけでして、結局淀殿を中心としてあ近江人脈をまとめて対抗せざるをえなくなり、最終的には自滅という印象が強いです。優秀で正義感があるのにもったいないと改めて思います。

「関ヶ原」関連書籍など

以前このドラマをやったことがあって、家康に森繁久彌、三成に加藤剛さん。凄く良かったです。

関ヶ原 [DVD]
関ヶ原 [DVD]

posted with amazlet at 15.03.20
キングレコード (2001-10-30)
売り上げランキング: 13,512

関が原もkindle化しましたので、携帯性が大幅にアップしました。

関ヶ原(上)(新潮文庫)
新潮社 (2015-02-06)
売り上げランキング: 679

関ヶ原(中)(新潮文庫)
新潮社 (2015-02-06)
売り上げランキング: 832

関ヶ原(下)(新潮文庫)
新潮社 (2015-02-06)
売り上げランキング: 2,136

この記事が気に入ったら
いいね!しよう