0 Shares

My Music Vol.6 Whitney Houston

初めてWhitney Houstonを聞いたときに、世の中にこんなに声がきれいで歌のうまい人はいるのかと思った。去年かな、スーザンボイルが出てきた時に、これってメディア操作してるんじゃないの?と思ったくらいたいしたことがなかった。デビュー当時のWhitney Houstonの歌唱力は鮮烈でしたねえ。

このジャケットがデビューアルバムなんだけど、その後のWhitney Houstonは、明らかに整形をしているということがわかるんですが、とにかくこのアルバムは大変な力作でした。

前にパフォーマーという記事を書きましたけど、良い楽曲とその曲の良さを120%以上表現できるかどうかが、パフォーマーの進化が問われると思うのですが、このアルバムに関してはとにかくWhitney Houstonの声質、声量、歌唱力どれをとっても完璧で、逆に言うとWhitney Houstonの場合は、このデビューアルバム以降どんどんだめになるという感じでもあります。(ファンの人、ごめんなさい。)あと結婚も失敗だった感じはしますな。パートナー選びはほんとうに大事だね。

実際にこのアルバムは結構名曲が入ってますよ。
Saving All My love for youとか凄く懐かしい。


このPVを見ると、もう明らかに整形している。

あとは、Greatest Love of all。今聴いても名曲。PVもよく出来てる。素晴らしい。

しかし、次のアルバムは、曲の質が落ちていって、一度映画に出てブレイクしたけど、後は落ち込みましたね。今年か去年かな、この人のニューアルバムが出たけど、全然これといったプロモーションもなく、大変なスターだったんだけど、残念ですなあ。

ただ、このアルバムは今聴いても全く古さを感じないし、僕は女性ボーカリストでは大好きな一人だし、ライバルとされるマライア・キャリーのように声を絞り出す歌い方じゃないので、凄く聴きやすいと思うんですよね。特にこのファーストアルバムは、ボーカルも曲も完璧です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう