0 Shares

勝手知ったるは。

一日遅れだけど、先週の金曜日は高校の忘年会というか、高校全体のOB会の総会兼忘年会だったのですが、結局僕らの代が占拠したと言ってもいいくらい、暴れてしまった。今回の高校の友人の再会は、僕にとっても交友関係が広がり、僕の人生が久しぶりに潤ったと思う。

今回のこの同窓会への参加は、ひょんなきっかけだった。たまたま僕のマイミクの人のマイミクが、高校の一個先輩で、その方から、今年は同窓会の担当なんですよと言われ、ミクシー内の高校のフォーラムにテニス部主将のM君が、専門のウェブサイトを立ち上げているとのことで、そのサイトを見に行ったら、野球部のN君がサイトを立ち上げていて、もの凄く懐かしい顔があった。僕は今もそうだけど、何もしてないで遊んでいるので、参加は最後の最後まで躊躇していたんだけど、Sがしつこく行こうというので、参加。もの凄く懐かしい顔がたくさんあって、思わず男同士でハグ。なんと33年前に見事にふられた彼女もいた。彼女は、33年前とちっとも変わらなかった。

この同窓会は、1年近く前から活動してて、実行委員会の委員長、副委員長共にキャプテンシーのある人物で素晴らしい。特に実行委員長は、中学からの同級生で西武池袋線で中村橋から降りて、そこから関東バスで一緒に通学して、土日とか遊びに行ったりした仲だったし、それ以外にも懐かしい顔があって、僕は一瞬にして中学時代に戻ってしまった。とにかく同じクラスもそうだけど、通学路が一緒ってそれはそれで大事だよね。あ、副委員長も素晴らしい。あの包容力。今度経営相談に伺いますので、どうぞよろしく。

11月20日には、遂に同窓会本番がスタート。いやもう本当に素晴らしい結束力と幹部の素晴らしいキャプテンシーにただただ驚愕するばかり。僕は受付の係で、受付リーダーのkakoちゃんは、僕のことが心配で心配で仕方がなかったようで、ツイッターでは大丈夫?と何度も連絡をくれたけど、結局今回の同窓会で一番の仲良しになったし、彼女の農園と動物園を世話するのは、僕の日課にもなった。この同窓会でも、結局翌日の始発が走るまで六本木で飲んでたようです。僕も3時くらいまでは付き合った。

そして、先週の忘年会。今日もおいしいところでやってるようですが、とにかく僕らの世代はパワフル。この破壊力はなんだという感じです。それとこの飲み会の楽しさ。僕はね、正直言ってあまり飲み会って得意じゃないんですよ。僕が昔会社を経営している時も、忘年会とか慰労会とか結構やったりしたけど、そういう会は僕が一番偉いから、周りは僕にものすごく気を使うんだけど、使われる方は悪い気持ちはしない一方で、なんか釈然しないところはあったのです。ま、僕の会社のスタッフや関係者は美人が揃ってるから、それはそれで楽しんだけどね。この下の写真をみてくれ。ここに写ってる連中は、来年みんな50ですよ。50って言ったら相当大人だけど、ここまで童心に帰っちゃう飲み会って何?ってことです。

しかし、この我々の飲み会の楽しさは、ちょっと異常。それぞれ面倒な関係もないし、セイゼイ昔好きだとか嫌いだとかそう言うのはあったけど、それ以外は素のままだし。何も気にせず、大騒ぎしちゃって、こんな幼稚な大人は見たことないくらい、それはもうすごい飲み会なのです。あと意外な夫婦というのもあって、おもしろい。お前たち結婚してたの~~~!?みたいな。

今年は、僕にとっては正直言って本当に最悪の年だったのです。自分の会社が決定的にだめになり、ある人物とは徹底的に対立をしました。しかも、喘息が発症しちゃって、咳のし過ぎで肋骨にひびが入り、寝返りも打てない。ところが、この9月かな、この同窓会の実行委員に参加して、僕はみんなの足をひっぱることしかしませんでしたが、それでも、昔の仲間として受け入れてもらい、しかも33年ぶりに彼女と話を普通にすることが出来た。本当に最後の最後でいい年になりました。今度は新年会ですかね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう