0 Shares

北海道展

僕もそれほど海外はもとより国内も殆ど行ったことがないけど、行った場所では、京都、沖縄は別格に好き。大阪も無秩序なところが大好き。特にエスカレーターに乗っている時とか、信号待ちの時は本当に笑える。あと、北海道も好きで、仕事では何回も行ったし、個人的にも函館に行ったときの感動は結構忘れられない。

素晴らしい函館
函館の風景はよく写真とかにでるけど、やっぱりあの風景は半端ではありません。函館に行ったら、是非ケーブルカーで函館山を登ってほしい。もう、あの景色は半端ではありません。

本当に素晴らしい。
こういう風景は、長崎も素晴らしいですね。いずれ死ぬ前に一度行きたいものです。
北海道というと、あとは食べ物。素材の美味しさは半端じゃない。僕は大学の時にスキーをしていて、北海道出身の先輩、同級生、後輩は何人もいたけど、彼らは、決まっていかに東京の食べ物がまずいかということを常日頃言ってました。東京出身の僕としては、食べ物が地域によってそんなに変わるわけ無いじゃんと反発してたんですが、社会人となって北海道とかに出張すると、地元の美味しい物を食べに行くわけで、そうすると口が曲がるくらい美味しい。
函館に行ったら、駅前に行ってみてください

少し函館ネタを書くとすると、函館はイカが有名で、函館駅の前に行くと、

観光客向けに丼の専門の建物があって、そこで色々と美味しい地元の海でとれたおいしい丼がいただけます。

こんな感じです。ここで食べても1,000円から高くて2,000円くらい。そうそう、イカ丼という凄まじいどんぶりがあります。これは、頭を切られた生きたイカの丼で、醤油をかけると足がうごくという、中国的な残虐さがあるね。Youtubeに動画がアップされてる。もちろん、僕は食べられませんでした。

北海道展への注文

で、本題なんですが、東京で北海道展ってやると、それはもうすごい人なのです。前述のとおり、おいしい物がどっとでるし、何食べてもおいしいですからね。ただ、ここで僕がぶーたれたいのは、あまりにも高すぎるということ。

色々と見て回ったけど、2,000円とか3,000円のお弁当がずらーっと売ってましたよ。さすがに日本橋の高島屋とか三越の食料品売場に行っても、さすがにここまでは高くない。前に花畑キャラメルのことを話題にしましたが、観光客的な法外な売り方をしていると、僕は恐らく消費者の支持がなくなるんじゃない勝手思いましたね。バブルじゃなあるまいし、3,000円もするただ単に素材がいいというだけのお弁当ってどうなのって思いますよ。この値段だったら、築地のお寿司屋さんに行ったほうがぼくはいいね。

マスコミの煽り方も普通じゃなくて、北海道の食べ物なんだから、おいしいのは当たり前で、しかも普通の値段を通り超えていて、どうなのって思いますよ。僕も覗いてみたけど、売れていたのは1,000円台。3,000円もする弁当を誰が買うかという感じです。

なので、僕はそういう弁当には目もくれず、ふらふらしていたら、凄くいい匂いがして、僕はなにかを焼いてる匂いに連れられてたどり着いたのが王様しいたけ。この王様しいたけというものを買ったんですが、これ、しいたけじゃない!というくらいおいしいのです。

僕はきのこは好きなんだけど、干し椎茸の独特の匂いとか食感がありますよね。あれが苦手でどうしょうもないのですが、この王様しいたけは別格。今までこんなにおいしいしいたけは食べたことがないくらい美味しく、バターで焼きながら、少し醤油をからませていただきました。ウェブサイトもあって、こちらから見れます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう