0 Shares

都知事選(続)

都知事選がきな臭くなってきた。昨日、ワタミの渡辺会長が出馬を表明した。その前には共産党の小池さんが出馬を明らかにしている。

あとマスコミが流しているのは、石原、東国原、蓮舫だけど、この3人だけは都民が迷うだけだから、立候補しないでもらいたい。恐らく、蓮舫は、民主党にアゲインストの風が吹いてるから、立候補しません。断言しちゃう。みすみす落ちるのが見えてるわけだし、石原や東国原は、参議院選で圧倒的な投票数をゲットした蓮舫を脅威と感じてるだろうけど、今の民主党政権は、よほど逆転ホームランを打たないと、当分政権は戻ってこない状況だし、今出たら負けるって一番蓮舫本人がわかってると思うよ。

傲慢で横柄なおじいさんはもういい

一方で自民党も情けない。齢78歳の石原知事を担ぎ上げようとしている。結局この人、実績をあげたのかね。新銀行東京だって、逃げまくってるし。人を攻撃するときだけ、冴えるというのが最悪。しかも、この横柄な人柄。よく我々都民は、僕も含めてこんな人に投票してしまったのか。息子と二人で都政をめちゃめちゃにしないで欲しい。

また、これだけ発信力の高い人なのに、自民党時代に何も仕事ができなかったというのは、いかに自分が人望がないかということです。それは亡くなった早坂茂三さん(田中角栄さんの名秘書)がよく本に書いてあった。なんか会合があって、石原さんはボートに乗りに行っちゃうらしい。そりゃあ、誰もそんな人間と友達にはなりたくない。

東国原英夫にしても、この人は、宮崎県知事に当選するまでは良かったけど、蓮舫と同じで計算高くていやだな。宮崎県であれだけ実績を残しておいて、普通だったら、二期目もやるとおもうんだけど、一期でやめちゃうというのは、無責任の謗りは免れない。

渡辺知事は大正解だと思う

そして、今回ワタミの渡辺さんが都知事選に名乗りをあげた。TVではもうすでにネガティブキャンペーンが起こってるみたいで、どっからの圧力なのかね。

僕はね、絶対この人の下では働く気はしない。それは成功した人特有のアクの強いところがあるし、そこは一緒に仕事をしていると息苦しくなる。でも、彼は居酒屋だけじゃないですからね。介護とかあと学校もやってますよね。ああいうタイプは初等教育にもの凄く向いてると思うのです。そもそも経営者として、ワタミを1部上場まで引き上げた手腕は、経営で失敗ばかりしている僕には、ひたすらすごいというしかない。しかも創業オーナー経営者ですからね。お金はうなるほども持ってるわけです。

経営の手法を政治や行政にということですが、大歓迎。となりの韓国が経済で大躍進してるじゃないですか。これはイ・ミョンバク大統領の国家経営手腕だと思いますよ。彼も、もともとは在日で各国にわたってそこで経営者として這い上がったというのは、すごいこと。

この前のサッカーのアジアカップで、李忠成が素晴らしいゴールをあげて、一躍彼は日本でヒーローになったけど、彼は在日で韓国本国では「在日」ということで差別されたらしい。日本という国が歴史的に韓国に対してはろくなことをしてないので、こういう差別があるわけで、日本政府はそういうあたりもっとフォローするべきだと思うね。

あの角栄だって経営者だった

ま、話はイ・ミョンバク大統領に戻しますが、そういう自国で差別を受ける在日韓国人として、経営者として大成功し、その手法を政治に応用して、今、成功している。だから、経営者が政治家になるということは全然おかしくない。良く考えてみたら、あの田中角栄だって角栄建設から政界入りしたわけだから。

それ以前に、恐らく政治家になったとしても実入りは、経営者のほうがいいに決まってる。政治家になると、プライベートは全く無いだろうし、四六時中マスコミが張り付いてるわけで、凄く精神的にしんどいと思うしね。政治家になるというのは、収入よりもやっぱり使命感。その点、渡辺さんは教育もしてるから、大丈夫のような気がしますね。

卑怯者が勝つのはおかしいよ

都知事選の場合、後出しジャンケンをした奴が勝つということになっていて、それを石原や東国原は計算に入れてるのはミエミエで、それは我々愚民は、明らかに戦略だっていうことがよくわかるわけですよ。そういういやらしさは、今回の選挙には通用しないと思うし、後出しジャンケンって一番卑怯なことです。昔、子供たちとふざけて後出しジャンケンすると、すごい怒ったしね。そういう一番卑怯なやり方をした人に我々都民は12年間ダマされてきたわけで、後進に譲るべきだ。

その点、一番初めに手を挙げた小池さん、そして渡辺さん。極めて男らしくて、ぜひぜひこの二人のいずれかに都知事になってもらたいのです。

昨日の読売新聞、明らかに自民党よりの新聞であるのにも関わらず、石原には批判的なニュアンスの記事を掲載した。

4月10日投開票の都知事選を巡り、立候補を表明した外食大手「ワタミ」前会長の渡辺美樹氏(51)と、共産党の小池晃前参院議員(50)が15日、都内でそれぞれ記者会見して意気込みを語った。
石原慎太郎知事(78)は去就を明らかにしていないが、主要候補が名乗りを上げたことで、3月24日の告示に向け、都知事選への機運が高まった。
「無関心NO」と会見場に掲げた渡辺氏は、「隣人やお年寄り、子どもに関心を持ち、若者らが笑顔で夢を追える環境を作りたい」と語り、五輪招致への再挑戦などの施策を訴えた。
築地市場の江東区豊洲地区への移転計画については、「現時点では白紙。都民の目線から速やかに判断したい」と述べるにとどめた。
15日午後会見した共産党前参院議員の小池氏は、渡辺氏が打ち出した五輪招致について、「都民は五輪ではなく、暮らしを支えるために税金を使ってほしいと思っている」などと強調。石原知事らの表明が遅れている現状に、「(都知事選に)名前が挙がっている人は、現職も含め、早く名乗りを上げてもらい、一刻も早く政策論争をしたい」と語った。
一方、石原知事は同日午前、渡辺氏が出馬を決めたことについて、「よく知らないんだよ、その人。私の進退は自分自身で決めてますから、別に関係ありません」と述べた。同日午後の都議会本会議での代表質問でも進退に触れる発言はしなかった。
(2011年2月16日08時51分  読売新聞)

組織をダメにするのは、力の持った老人が居残るということなんですよね。結局のその人に対して強くものを言えないでしょ。昭和日本だって、東郷平八郎がいたから、駄目になったという側面もあるし、中曽根さんだって、あの年齢でまだこそこそやってて、浅ましい。石原も78なんだから、文筆業に戻れと言いたいのです。あ、東国原、蓮舫は問題外。

僕は、予めいっておきますが、渡邉美樹を応援したいと思うし、僕の周りは渡邉美樹さん支持者が多い。横柄で傲慢な老人はもう願い下げだし、売れない芸人とオールナイトフジの司会者もダメ。実際に成功した人に都政をお任せしたいと思うのです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう