0 Shares

ITは万能じゃない

IT系の仕事をしていると、IT万能主義って言うか、恐ろしく視野が狭くなっちゃう事が多々あって、特にIT業界にいる人達って、お利口が自慢な人も多く、傍からみたらすごい間抜けに見えることがあるんだよね。だから、僕もそうならないようにお客さんに対しては嫌味にならない程度でカタカナを使いつつ、できるだけわかりやすく伝えるように気を付けてるつもり。

あとは、堀江くんとか勝間さんのように自分大好きな人が多い。そういう人たちはやたら英語を短縮したりとか、カタカナ文字を多用するのが大好きなんです。だから、時代に乗り遅れつつ、必死で追いかけている僕はもう大変です。やたら、自分をアピールする人たちで、恐らく学校の時に友達が誰もいなかったというのが、よくわかります。

アルファベット好きを例にすると、最高経営責任者のことをCEOっていうじゃん。このアルファベットを三つ使うのは特に好き。でも、恐らくTPPって何?って聞いても恐らくわからない。

でね、この真中のEを変えてる人結構多いんだ。通常良く使われるのはCOOとかCFO、CMOもあります。COOは最高執行責任者ですな。CFOは最高財務責任者。FはFinancialなんですかね。CMOは最高マーケティング責任者。

CとOの間になんかアルファベットを入れればいいという風潮があって、だいたい笑っちゃうケースが多いね。例えば、CBOっていうのがあって、そのBなに?って聞いたら、ブランディングなんだって。最高ブランディング構築責任者ってよくわからん。是非IT系の偉そうな人と名刺交換したら、笑ってやってください。この真中のアルファベットってなんですかって。だいたい、それを聞かれるはずだから、面白い論理を展開しますよ。よほど、昔ちやほやされなかったんですかね。お気の毒だと思いますよ。こうなったら、チーフ何とかオフィサーって笑えるのってないかな。

僕のブログでもよく紹介しているシェアという本があります。これはもう今年最高だと思うんですけど、その本の読者のハッシュタグ#sharejpというのがあって、僕もそれを読んだりしてるんだけど、そこで日本語になってない意味不明なtweetがあったので紹介するね。

”SNS備えたアプリになるんだね。RT : 単なるアクセスリストを超えて、インタラクティブにコラボ誘発する、アクティビティポータルにしたいな。”

恐らくこれをtweetしている人は自分で何を言ってるのか分からないんだと思うんですよ。とにかくカタカナさえ使えばいいと。これをRTする奴する奴だけど、このレベルなんです、ITというのは。
因みにこれを翻訳すると、RTしている人は、まず意味がわかってないです。本文の人は、「このサイトを使うと、ユーザー(サイト利用者)同士が、一緒に仕事などができるような、常に活性化されたサイトにしたい」ということを言ってます。

まあ、無理です。

この前も驚くべき記事があったので、紹介しておく。TechCrunchというIT系のニュースを配信しているブログがあって、IT業界の人達は恐らく目を通していると思いますが、大体は結構勉強になることがある記事が多いんだけど、たまに冒頭のようにIT至上主義的な記者が書くとひどい記事になる。

欧米の人たちは、イスラム原理主義者のことをイスラムしか知らず、またイスラム以外を知ろうとしないがんこで視野の狭い連中と見ているようだけど、ITも似たようなもの。特に周りが見えなくなるとほんとうに怖い記事を書きます。

(エジプトに次ぐ)インターネットの今日の二度目の勝利, 大型書店Borders が倒産へ

つまり、この記事は、アメリカのリアルな大きい書店が倒産の準備に入ったと。これがインターネットの勝利だと言いたいらしいのですが、そこには何も書いてなくて、しかもまとめとして

”申し訳ないが、人間味のない大型書店にはもはや何の役割もない。本の出版ではなく、また本そのもののことでもない。どこへ行っても同じ画一的なお店で、画一的なロボットのように仕事をしている、あの人間ではない人間たちのことだ。”

言ってる意味がよくわからないでしょ?訳がひどいのか、この記者の頭が悪いのかよく分からないけど、こんな人がだいたい80%を占めてる。だから、何時まで経っても尊敬されないのです。本当にこの業界は面白いのですが、まともな人は日本でも本当にわずか。その中で仕事をしている人たちって、こうもろくな人間がいなくて、こんなことだったら、金融の世界に戻りたいと最近強く思うね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう