0 Shares

勝間和代は厚顔ーこのひとはほんとうに凄い

とにかく昨日は、本物の深澤里奈を見ちゃって、改めて内面が充実していると女性は美しいということがよくわかった。ところで、この世の中というのは、改めてすごい人がいるなと思うんだけど、厚顔無恥という言葉がある。意味は、恥知らずとか、図々しいとか、厚かましいとか、そういう時に使わる四字熟語だ。なんで、僕がそう思ったのかというと、ちょっと古いんですがJ-CASTのこの人の記事。この人はすごいわ。

「男にセックスできるのではと思わせる」 勝間和代の「簡単にもてる方法」

このひとは、今回恋愛経済学という本を出版されたそうです。で、秋元康とも対談をしてるらしい。僕はこのひとが嫌いだから、本も買わないので、なんとからしいとしかかけないのは大変申し訳無く思いますが、そもそも、2回も一般人で結婚を失敗している女に恋愛論が語られるのかということだと思うんですが、そういう女にこういう内容の本を書かせる扶桑社。さすが、サンケイグループとしか言いようがない。で、この人は女性が男性にもてるためには、

「もし女性が男性にモテたいと思ったら、相手に『セックスできるのではないか』という期待を持たせるのが一番簡単な方法です」

だとのこと。

男の立場から言わせてもらうと、ま、論理的に外れますが、セックスが出来ると期待をさせる女を俺らは恋愛対象とみません。仮にその子が可愛かったとしても、そういう事をする女であれば、軽蔑の念を込めてサセ子ちゃんと軽侮するし、そういう子に限って同性から嫌われていた。それとセックスをするというのは、人間の生理現象であって、好きな異性とか、自分がキレイだなって思ってる女性とのセックスは特に盛り上がるけど、嫌いだと思ってる異性と二人っきりになっても、セックスをしたいと思わないのです。つまり、風俗に行ってタイプの子だと思って指名した子が、実は写真と全然違ったというときには、男はなかなか行けないのです。

ちなみに女の人を口説き落とすということに、達成感があるのであって、女からセックスさせますよーと言われても、こっちはなんとも思わん。ま、2回も結婚に失敗をしてるような女は、どうにも並んということですな。

それに相手を好きになるというは、ルックスはもちろん大事だけど、僕の好みを言わせてもらえば、その人が上品だとか教養があってもお前みたいにひけらかさない奥ゆかしさがあるかどうかとか。あとは人間的にやさしいかどうか、そういう事ですよ。また、男が舞妓さんがいなって思うのは、彼女たちに儚さが感じられるから。つまり、ルックス以外にも内面はすごく大事なわけですよ。

ちなみにきれいな人というのは、こういう人達の事を言うのだ。

深澤里奈さん
松下奈緒ちゃん
知花くららちゃん

大江麻理子さん

上品で美しいというのは、こういう人達の事を言うのだ。あ、これは僕個人的ですが(松下奈緒も追加したし・・・笑)

結局この人は、男女の機微というものが全くわかってない。逆に言えば高校生は大学生、あるいはOLといったこの人が見下している層の方がそういうものをよく分かっているということが、この記事ではっきりした。是非、宇野千代さんや瀬戸内寂聴さんのご本を読んで、人間とは何か、女性とは何か、男とは何かということをそのお利口な頭に吸収して欲しいものです。

面白いのは、秋元康との対談で、これも結局このひとが扶桑社に阿って、秋元との人脈をつくろうとしてこの本を書いたということがよくわかりますよ。秋元さんは、おニャン子クラブとかAKBでもわかるように、プロデューサーとしての才覚は日本有数。そこで計算高い彼女が、この秋元との接触をはかつために書いた本だと思う。で、この二人の対談では、秋元さんが彼女を糾弾している。

「恋愛を客観的に語ってもダメなんだって。当事者の主観でしか語れないんだから」と主張。勝間さんが、恋愛は1年経つと「ケンカしては仲直りの繰り返しになりますよね」と語ると、「それは、カツマカズヨの恋愛は、そうだったってことでしょ」と手厳しい。
   秋元さんによると、人間は理屈で説明できない行動をとることがあり、恋愛はその代表例。なので、恋愛に対し「『こういう段階だからこうすべき』とかいう法則性を見つけるなんて、無理だってこと」

と強調している。ただ、なんで秋元さんともあろう人が、こんな人と対談をするのか、不思議だ。

この人の暴走はひどくて、先日も、日本橋の丸善に行ってみて2階にいったらこの人の著書があり、となりに金ジョンウンの本があったので、思わず写真をとってしまったのですが、

本当にここまで厚かましい人って珍しいな。そして売れるから、乗っかる出版社もどうなのって思うよ。昔、この人がグーグル化をだしたときはなんてすごい本だと思って、僕は10冊近く買って、若手の優秀な人達に配布したものです。この本はほんとうに素晴らしかった。それに、お前が成功しているって俺はこれっポチも思ってない。なんども書くけど、2回も結婚に失敗するような人間は、その時点で相手を見る目が無いという、人間として最低限の能力が無いということですから。それで恋愛論を書くというのは、長嶋一茂に、打撃論の本をかけというのと一緒だって。

で、僕もこの人のフリークに一時なりかけたのですが、良く良く考えてみると、この人は自分の信奉者を無料で踊らせておいて、結局自分に還元する人なんですよ。例えば、今はいかないから僕もわかんないけど、彼女のセミナーに行くと、参加者に私が見に行くからブログを書いて、今日のセミナーの感想を書いてくださいって言うんですよ。

この人の頭のよさは、検索エンジンの仕組みをよく知っているということで、まず100人のセミナーで半分の人間がブログを書けば、そのブログにはこのひとの名前が入り、少しITスキルがあれば、自分のブログからこのひとのブログにリンクを張るわけですよ。この人のセミナーいってきました!ということでです。そうすると、数日で外部リンクが一挙に50近くも増えるということで、この外部リンクというのは、お金で買う人がいるくらい貴重なものなんですが、それを全くお金もかからずにゲットしちゃうあくどさ。そういう戦略を知らずに、ブログを書いちゃうファンの健気さ。僕はそれが分かってから、この人が本当に嫌いになった。

とにかく、若い人達に言いたいのは、こんな人から恋愛の講義を受けようとは思ってないでしょうが、何もこの人から学ぶことはありませんよ。厚かましいというものは、日本において忌み嫌われる物。アメリカのように俺が俺がと自分をアピールするのがいいと、外国かぶれの人間はよく言うけど、全く間違ってます。そんなに海外が素晴らしくて、英語が話せるのが自慢ならば、そっちに行って欲しい。本屋でお前の顔が目に入って来るだけでも不愉快なのです。恋愛なんてものは、そんなにうまくいくもんじゃないけど、絶対に運命の人って必ず現れる。なんで僕が自信を持ってそれを言えるのかというと、昨日も書いたけど、僕なんかは見た目も悪いし、頭も良くないなど女性からモテる要素は全くありません。しかし、そんな僕でも人目をそばだてるような内面も外面も素晴らしい女性に出会えるのですから。

ちなみにこれらの愚本について、このひとのそばでちやほやしていたアマゾンアソシエイト目当ての書評ブロガーもさすがにこれらの本のことは何も書いてません。ちょっとあまりにも酷すぎて、さすがにブログに書かねばとおもい、思わず書いてしまいました。それと、こういう僕みたいに反感を持つ人間は多いだろうから、そういう人間にブログを書かして、自分を知らしめようとしているのか。もしそうだったら、今日のこの記事も書いたのが失敗かも。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう