0 Shares

ツイッター、Gmail、クラウド

地震がおきて、東京でもご存知のとおり交通や通信手段が麻痺してしまい、自分の大事な人と連絡を取り合えないというのは、改めて不安を感じた。特に今回の地震を被災された東北地方の方々にとっては、未だに連絡も取れないということもあり、不安という気持は底知れないです。

前にも書いたけど、今回地震が起きて大事な人とコンタクトが取れるまで結構時間がかかったんだけど、その日はまず携帯電話が通じないわけで、これは相当不便だし、逆に言うと大災害があった場合には携帯電話は使い物にならないということが明白になった。もちろん電話会社の論理はわかるわけ。ただ、それは災害に直面している我々にとっては、はいそうですかということにはならない。

今回この災害では、同じ都内に住んでいても特にお子さんと連絡が取れないということを不安に思う親御さんはたくさんいた。友人で娘と連絡が取れないという人もいて、これは連絡が取れないというよりも電話が繋がらないということで、緊急時に使えないんだったら、なんのための電話なのかということになるし、つながらないのは災害だから当たり前というのはおかしい。結局こちらのお嬢さんとは21時間ぶりかな、無事家に帰れて、そのお父さんは、mixiとツイッターで娘が無事帰ってきましたと報告をしてくれた。

僕は、今回地震時には、携帯電話の回線は使えないのですが、インターネットは使えたので大事な人とはGmailで連絡を取り合った。若干のタイムラグはあったけど、ほぼリアルタイムでお互いの安否を確認することが出来た。また、インターネット上の友人とのやり取りでも、ツイッターが大活躍。僕は、とにかく東京の状況がどうなっているのかということをTweetして、それは情報を必要としている人たちに届いていたようで、あとで何人かの人から感謝の言葉もいただいた。

また当日の地震の実況については、海外にいる友人が、今日本はどうなってるんだということもあり、NHKのUstreamの実況も伝えて、すごくありがたがられたけれども、この状況を見て、インターネットが災害に強いということがよくわかった。なので、僕はここにで言いたいのは、ツイッターとGmailのアカウントを取ることを強く推奨します(前置き長くてすまん^^;)
ツイッターのアカウントはこちらから、Gmailのアカウントはこちらから作れますよ。

これは、自分の発信したものがインターネット上に登録をされて、それが不特定多数の人の目に触れるというのがインターネットの特徴であり、ツイッターは個別の情報の発信の他に知り合いとのやり取りも、もちろんできて、かつ重要な内容であれば、若干秘匿性の高いメッセージも送ることが出来ます。

Gmailに関して言えば、今までのメールボックスがPC上ではなくてインターネット上になるということで、それこそ、端末があり、インターネットが繋がっている状況であれば、いくらでもやり取りが出来るわけで、特に災害時は、携帯電話で通話以外のコミュニケーションということになると、ツイッター、Gmail、Facebookといった媒体を通じて、やり取りをするということになる。実際に海外でも中東で大きな政権交代が起きたけれども、その政権を覆る側が使ったのは、これらリアルタイムウェブと言われるツイッターやFacebookだった。

次に今回の災害では地上にあるものを破壊してしまったということであり、そのうちで深刻な問題となっているのが、医療問題。特に地震と津波でカルテを流してしまったというのは、個人情報の流出以前に患者さんのデーターが失くなってしまったということで、これは新しいカルテを作るにしても、本来であれば、やらなくてもいいことをやらなければいけないわけで、そこにまた大きな無駄が生じるわけです。

で、僕はここで言いたいのは、今更かもしれませんが、カルテを電子化してそれをクラウド上に保存するということをやってみたらどうかということです。医療のおけるコンピューターは、もの凄く進化していると思うけど、今回カルテがなくなっちゃったということを、結構大きな病院の院長がおっしゃってましたけど、これらカルテをクラウドに保存して、それをすべての病院で共有すれば、医師の技術的な問題はあるにしても、ほぼ同じレベルの状況を医師は確認できるので、今回のような大災害があっても、対応できるんじゃないかと強く思ったのです。

こういう事は国民の命を守ることであるから、国だってお金を出すでしょうし、出すべきだと思いますよ。そうすることで、仕事も発生するし、色々なところに恩恵を与えると思うし、システムのコストだって、汎用性を高めればその分コストも下がるわけで、ベンダーも共同してプロジェクトを組めば、そんなに難しいとは思わないんだけど、どうでしょうか。

ちなみに僕の大事な写真は約4000枚、音楽データーも1500曲。これはすべてクラウドサーバーにアップロードしてあるので、万万が一のことがあってもデーターなくなっちゃったよーと言わないで済みます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう