0 Shares

菅総理は退陣するべきだと思う

前にある本で、総理大臣になるには、政治家として総理になるために活動をしていかないとうまくいかないということを読んだことがある。確かに、小泉さんがやめた後は、安倍、福田はタナボタだったし、その後の麻生さんは目指していた感じがあったけど、力量的に相当無理があった。鳩山さんもタナボタに近い。結局ねじれ国会ということもあったけど、まともな政治が出来なかった。

昔、三大角福中という言葉があった。これは、総理になるために三木、大平、田中、福田、中曽根という政治家が切磋琢磨して、結局この5人は見事に総理になった。時系列で言えば、田中、三木、福田、大平、中曽根という順番で総理になった。細かいことを言うと、田中角栄が総理を退陣後は、親田中か反田中という感じで、総理が入れ替わった。特に大平、中曽根は田中派をバックにして、政治活動を行い、中曽根にいたっては5年間政権を担当し、国鉄や専売公社の民営化を推進し、当時のアメリカの大統領が、ロナルド・レーガンとの関係も誠に良く、戦後の総理としても仕事をした総理にあげることができる。

その後の総理は、経世会支配による傀儡総理で、小泉さんが出てくるまで仕事らしい仕事はしてない。この傀儡癖が抜けないのが、小沢一郎で、鳩山政権の時には、また自分勝手な政治をしようとした。

小泉さんの場合は、この人も総理になるために何度も自民党の総裁選に出ては負けという感じだったけど、結局国民を味方にすることで、色々と賛否両論はあるにしても、とても国民に人気のある政治家だったと思う。民主党政権になってくつがえっちゃいましたが、郵政の民営化をやる!というのはすごく分かりやすい政治姿勢だったように思う。

ただ、長期の自民党政権で、かつ、小泉後の総理が安倍、福田、麻生と立て続けに二世議員が総理になり、しかも、ねじれ国会になってるために法律を作ることもできず、そんな政党に我々はノーを突きつけ、民主党政権が成立した。僕はすごく興奮した。それは日本の政権交代は、歴史的に武力によって変わってきたわけで、それを今回は選挙による政権交代は、有史以来初めてのことだった。

ところが、できた民主党政権は、鳩山総理が沖縄の基地問題と自身のお金の問題で対人を余儀なくされ、そして菅さんが総理についた。菅さんは、新党さきがけの頃から政策通だったし、厚生大臣の時に薬害エイズ関連の大きな仕事をし、その後野党のリーダーとして与党を攻撃する様子は、僕のような愚民は政治家として強さを感じた。だから、総理になった時も、満を持してという感じで、大きな仕事をしてくれるだろうと強く期待した。

しかし、消費税問題で結局参議院選挙は大負けすると、菅総理は貝殻のようになり、余計なことを言わないようにと、今までの戦闘力が影を潜め、官僚が書くメモしか読まなくなり、政治主導というよりも、なにか菅さんらしさが全く感じられない。

そして、今回の東日本大震災によって日本が大変な危機に直面をすると、菅総理はぶら下がりの取材まで拒否し、記者からの質疑応答にも応じないという、昔の宮沢総理でさえやらなかったであろう極めて官僚的な態度になってしまった。確かに、日本のマスコミは、読売にしろ、産経にしろ、時事通信にしろ、反民主党を鮮明にしているから、そういうところとは相手にしてられないということもあるんだろうけど、深刻なのは、日本経済新聞といったどちらかと言えば政治的に中立の立場を取るようなマスコミからも、あからさまに反民主党の報道がなされるようになったことだ。どうしてそうなったかということは官邸スタッフは、真剣に検討するべきだ。

読売、産経は論外だけど、中立的なマスコミからもそういう対応を取られるのは、100%菅総理に責任があると言っていい。もちろん、国民やマスコミに対しておもねる必要は全くないけど、自分からコミュニケーションを取らないようになってしまうのは、それ自体すでに政治家として失格だし、危機に直面をして貝殻のように黙ってしまうことが、誰かからのアドバイスで、それを納得して実行をしているのであれば、政治家としては気の毒だけど失格で、総理大臣としては全くだめだ。

しかも今朝の日経の記事を見ると、韓国やロシアが原発関連の日本政府の情報開示について、ものすごく不満と不安を抱いてるらしい。これは、自国民にまともな情報を開示できない政府が、外国が納得するような事ができるわけがない。こういった国辱的なことも今の日本政府はしているわけです。

小泉総理には、賛否両論はある。格差が広がったということもあった。ただ、彼が人気があるのは、コミュニケーション能力が抜群だったということだし、国民の支持さえあれば、政党内での人気なんか関係ないということを、身を持って証明した感じだ。
こういう国難なときに、これ以上の人災は国民としても御免蒙りたいわけで、逆に大連立という話が出てきてるように、こういう時だからこそ、総理が変わってもいいと思うね、こうなったら。問題は誰にするかということだけど、ここまで来たら、ガッツり若返って前原さんとかがいいような気がする。ちなみに大連立は、自民党のベテラン議員が乗り気とのことで、これは明らかに復興予算をあてにしているという、大変ふざけた事で、これを機会に不要な国会議員も辞職して欲しいと思う。それか、首長連合みたいなところで、国政を変えてもらうとか、政治にも大きな変革がないといくら外国が援助してくれてもだめじゃないかと思う。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう