0 Shares

児玉源太郎のこと

司馬さんの本を読んでいると、有名な人がたくさん出てきて、それを司馬さんの大変優れた筆力で描かれるから登場人物がさらに輝きます。司馬さんはその著書の中でリーダー論というものを展開します。特に薩摩型のリーダーの方法論というのは、大変面白いのです。

どういう方法論かというと、リーダーは、自分でこいつは優れているという人材を探し出してきて、その彼が仕事をしやすいような環境を整えて、後は一切合切任せて、最終的な責任は自分で取るというやり方。

例えば、僕の大好きな小松帯刀という人物がいます。篤姫の時に瑛太君が好演しました。彼は幕末時の薩摩藩の家老を努めて、徳川慶喜に大政奉還を進めた人物で、坂本龍馬とは特に仲が良かった。西郷隆盛や大久保利通が仕事を思いっきりできたのは、上司として彼らの上の小松帯刀がいたというのはものすごく大きかった。

この西郷、大久保にしても薩摩方式の人材活用をしていて、西郷さんのもとには優秀なさつま人が集まったし、大久保にしても、伊藤博文に注目をして彼に思う存分仕事をさせました。また、日本の海軍の近代化は、山本権兵衛の力がものすごく大きいのですが、この山本の上司になったのが、西郷隆盛の弟である西郷従道。彼が山本のバックにいたことで、山本は大きな仕事を思う存分することができた。日露戦争でも現地軍の総司令官は、大山巌でしたが、実際の実務は総参謀長の児玉源太郎が実行した。これも、大山のとてつもない包容力の中で児玉が仕事をしたという印象が強いのです。

児玉源太郎

で、児玉源太郎のことを書きますが、彼は薩摩の人ではなくて長州の人物で、明治の軍人であり政治家でもあります。長州人というのは、一般的にはリーダーというよりも優れた実務家を生む土壌があり、その代表的な人物としては、伊藤博文、山県有朋で、児玉源太郎にも特にその部分は濃厚にあります。

児玉は幕末から日露戦争にかけて、すべての戦争に参加し、ことごとく戦功を上げた人物ですが、政治家としての手腕もあり、日清戦争後に日本の領地になった台湾の総督になると、後藤新平を民政長官に任命し、地元民の反乱続きだった台湾を完全に掌握させた。ここが、児玉源太郎が従来のリーダーとは違うところで、人を探し出し、その優秀な人物に思う存分仕事をさせたところに、ただの実務型のリーダーと趣を異にするところでもあります。

ちなみに児玉は、政治家として、陸軍大臣以外に、文部大臣、内務大臣を歴任しますが、日露両国に不穏な空気が流れると、自ら大臣を辞めて参謀次長になります。この参謀次長という役職は、大臣を務めていた人物が携わるものでなく、まして内務大臣という副総理格の人物が就く役職ではありません。しかし、児玉は躊躇なく自ら降格人事となる参謀次長につき、そして、ご存知のとおり日露戦争の勝利の大立役者になり、本人は戦争の心労のせいか戦争が終わると、命が尽きるように亡くなっちゃいます。

児玉の場合は、1種の天才としか言いようがないのですが、台湾総督として実務家の後藤新平に思う存分仕事をさせることで、反乱続きだった台湾を安定させたということは素晴らしい業績だと思うのです。僕はこの児玉という人が好きなので、色々な文献を読みましたが、彼のもとで働いた人が異口同音に言うのは、児玉さんは頭がいいということと、彼がいたからこそ難事業をやり遂げることができたということです。

普通天才というと、織田信長もそうだし、近年で言えば岡本太郎もそうですが、人とのやりとりがものすごく下手だというところがありますが、児玉源太郎に関していうと、Wikipediaにも書いてありましたが、

性格的には情に脆く友誼に厚いという長所の反面、短気で激情型の性格でもあり、人間関係において無用の軋轢を招くこともあった。しかし天才肌の人間によく見られるような相手を見下したり、我を張り通すといった面はなく、内省的に己を見つめ、諧謔の精神を持ち、地位や権力に固執することはなかったので、人々から慕われた。

こんな感じの人物で、僕は本当に偉大な人だったと心から尊敬しているのです。

その長州の偉大な先輩の後輩でもある菅総理。今朝の日経の2面を使った震災関連の記事を読んでいると、リーダーとしては資質に欠けるところが垣間見えるね。今回の地震後の日本の災難のうち、90%近くは東電によるものだと僕は思ってるし、この記事にもそれが解るようなことはたくさん書いてあるんだけど、それにしても、下の人間が思う存分働けないような状況を結果的に管さんは作っている。記事を引用すると、

弁の開放はまだ始まっていなかった。 「いつになったらやるんだよ!」と迫る菅。「もうじきやります。なんとか始めます」と答える東電副社長の武藤栄。「ずっと、そればかり言っているじゃないか!」。菅はさらに激高する。同行した一人は「東電は自ら安全神話を壊すのをためらっているのではないか」とつぶやいた。

政府が東電に対して疑念は当然持ってると思うし、そういう事しかしない東電はものすごく責任があるとおもうんだけど、言い方とか態度というものもあるわけで、この菅さんの態度は僕らと変わらず、ましてや総理の態度ではありません。仕事ができるにしても、器が小さいという印象をこういう時期だから尚更僕は感じた。参議院の西岡議長も民主党に所属している議長ですが、今朝の日経に書かれていましたが、首相退陣に言及するなど、さすがに国政を任せてはいられない状況になってきたように僕は思うのです。

とにかく地震が起こってからは、政治と東電がどうにもならない。なんか人災の様相を呈してきた感じがするけど、それでも自民党には政治はさせたくないですけどね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう