2016/06/070 Shares

ローリング・ストーンズが5月24日より北米ツアーZIP CODE tourを発表

ローリング・ストーンズZIP CODE tour

前々からローリング・ストーンズのツアーがあるという噂がまことしやかに流れていましたが、本日4月1日ローリング・ストーンズ公式サイトで5月24日より北米ツアー「ZIP CODE」tourを行うことを発表したので、SNS周りをチェックしてみました。

ローリング・ストーンズ関係者のツィート

まずは、3月30日にミック・ジャガーがツィートをしていて、ああ、これでどっかでライブを演るんだなということが、すぐわかりました笑
まずはミックのツィートをご紹介です。


これに合わせて、日本時間の本日未明にローリング・ストーンズの公式ツィッターアカウントが正式に「ZIP CODE」tourを行うという発表をしました。この動画が凄くかっこいい。


更にはロン・ウッドもツィートをしました。ZIP CODEでまた会おうぜ!といったところでしょうか。ロッケンローはかっこいいぜ^^

ZIP CODE Tourの会場のツィートが面白い

このZIP CODE Tourではハッシュタグが決まりましたよ。#StonesZipです。今後ライブがスタートすると、こちらのハッシュタグをチェックしておくと、ローリング・ストーンズのZIP CODEの様子がリアルタイムにわかります。今のところどういうツィートが流れているのかチェックしてみるとライブ会場のツィッターアカウントがライブ会場仕様のストーンズのロゴ付きでツィートをしていて、面白いです。。

Petoco Parkのツィート


AT&T Stadium


Bobby Dodd Stadium


RALPH WILSON STADIUM


HEINZ FIELD


こういう遊び心はさすがという感じがしますね。

ローリング・ストーンズのFacebookページでも発表

さらにはローリング・ストーンズの公式FacebookページGoogle+ではメンバーの写真を公開しました。やっぱりこの人達は本当にかっこいいですなあ。

ローリング・ストーンズ公式Facebookページ

NEW TOUR! ZIP CODE – 15 CITY NORTH AMERICAN STADIUM TOURKicking off May 24 in San Diego with stops in Columbus,…

Posted by The Rolling Stones on 2015年3月31日

改めてですが、かっこいいですね。素晴らしい。

更にはYouTubeにも動画がアップされましたよ。こちらもご紹介です。

ZIP CODE tourの概要

ローリング・ストーンズの北米ツアー「ZIP CODE」tourの概要は5月24日から2ヶ月かけて行われます。いいな。また日本に来るといいと思いますが。

  1. 05/24 San Diego, CA @ Petco Park
  2. 05/30 Columbus, OH @ Ohio Stadium
  3. 06/03 Minneapolis, MN @ TCF Bank Stadium
  4. 06/06 Dallas, TX @ AT&T Stadium
  5. 06/09 Atlanta, GA @ Bobby Dodd Stadium
  6. 06/12 Orlando, FL @ Orlando Citrus Bowl
  7. 06/17 Nashville, TN @ LP Field
  8. 06/20 Pittsburgh, PA @ Heinz Field
  9. 06/23 Milwaukee, WI @ Summerfest / Marcus Amphitheater
  10. 06/27 Kansas City, MO @ Arrowhead Stadium
  11. 07/01 Raleigh, NC @ Carter-Finley Stadium
  12. 07/04 Indianapolis, IN @ Indianapolis Motor Speedway
  13. 07/08 Detroit, MI @ Comerica Park
  14. 07/11 Buffalo, NY @ Ralph Wilson Stadium
  15. 07/15 Quebec, QC @ Le Festival D’Été de Québec

 

『Sticky Fingers』のデラックス・エディションが発売

更には、このライブにあわせて、『Sticky Fingers』のデラックス・エディションが発売決定しました。概要は以下の通りとなりますが、まさにデラックスという感じです。

●スーパー・デラックス・エディション<3CD+1DVD+1EP>
価格:19,980円税込予定(18,500円税抜)/品番:UICY-77211
*輸入国内仕様/初回生産限定盤

  • 1CD: オリジナル・アルバム 2009年リマスター音源
  • ボーナス・ディスク1:10曲入り*全曲未発表
  • ボーナス・ディスク2:『ゲット・ヤ―・リーズ・ラングス・アウト』*「レット・イット・ロック」を除き未発表
  • DVD:ライヴ・アット・ザ・マーキー*初商品化
  • 「ブラウン・シュガー/ワイルド・ホース」7インチ・シングル盤
  • 実物ジッパー付120ページ・ハードバック・ブック
  • 4枚のポストカード
  • ポスター
  • Band cut outのミニ・レプリカ
  • プリント

●デラックス・エディション<2CD>
価格:3,950円税込予定(3,657円税抜)/品番:UICY-15382/3
*デジパック仕様

  • 1CD: オリジナル・アルバム 2009年リマスター
  • ボーナス・トラック:10曲入り*全曲未発表
  • デジパック/24ページ・ブックレット

<収録トラックリスト>
DISC 1 Original Album

  1. ブラウン・シュガー
  2. スウェイ
  3. ワイルド・ホース
  4. キャント・ユー・ヒア・ミー・ノッキング
  5. ユー・ガッタ・ムーヴ
  6. ビッチ
  7. アイ・ガット・ザ・ブルース
  8. シスター・モーフィン
  9. デッド・フラワーズ
  10. ムーンライト・マイル

DISC 2

  1. ブラウン・シュガー(オルタネイト・ヴァージョン・ウィズ・エリック・クラプトン)
  2. ワイルド・ホース (アコースティック・ヴァージョン)
  3. キャント・ユー・ヒア・ミー・ノッキング(オルタネイト・ヴァージョン)
  4. ビッチ(エクステンデッド・ヴァージョン)
  5. デッド・フラワーズ(オルタネイト・ヴァージョン)
  6. リヴ・ウィズ・ミー(ライヴ・アット・ザ・ラウンドハウス 1971)
  7. ストレイ・キャッツ・ブルース(ライヴ・アット・ザ・ラウンドハウス 1971)
  8. むなしき愛(ライヴ・アット・ザ・ラウンドハウス 1971)
  9. ミッドナイト・ランブラ-(ライヴ・アット・ザ・ラウンドハウス 1971)
  10. ホンキー・トンク・ウイメン(ライヴ・アット・ザ・ラウンドハウス 1971)

DISC 3

  1. ジャンピン・ジャック・フラッシュ
  2. リヴ・ウィズ・ミー
  3. デッド・フラワーズ
  4. ストレイ・キャット・ブルース
  5. むなしき愛
  6. ミッドナイト・ランブラ-
  7. ビッチ
  8. ホンキー・トンク・ウイメン
  9. サティスファクション
  10. リトル・クイニー
  11. ブラウン・シュガー
  12. ストリート・ファイティング・マン
  13. レット・イット・ロック

DVD

  1. ミッドナイト・ランブラ-
  2. ビッチ

7インチ・シングル盤

A: ブラウン・シュガー
B: ワイルド・ホース

細かいところをチェックすると、クラプトンが参加していたりするんですね。こちらのデラックスエディションはまだアマゾンなどにアップされていないので、アップされたら、追加しますので、取り急ぎ「Sticky Fingers」のリンクを張っておきます。

Sticky Fingers (Reis)

Sticky Fingers (Reis)

posted with amazlet at 15.03.31
Rolling Stones
Universal (2009-05-05)
売り上げランキング: 31,560

いやあー、ストーンズがツアーを始めるというのは凄く待ち遠しいです^^

この記事が気に入ったら
いいね!しよう