0 Shares

桜三昧

先日、僕の大好きな深澤里奈さんのブログで、千鳥ヶ淵に行ってきたということが書いてあり、僕も今日はたまたま九段に行くこともあったので、神楽坂からのんびり飯田橋を通過して、千鳥ヶ淵に行ってきたけど、桜が圧巻でした。たくさん写真を撮ったのであとで色々と書きます。

日本の国花は桜ということで、桜をみると別に花が特に好きだというわけじゃない僕でも、見入っちゃう。しかも、千鳥ヶ淵って、子供の頃から何度も武道館にコンサートに行ってるのに、この年で未だに一度も行ったことがないというすごく珍しいのです。で、なんといっても花よりも美しい深澤さんが素晴らしいということでしたので、審美眼は間違いなく僕のほうが劣っていますが、見てきました。

まずは神楽坂から。この桜は、毘沙門天の中の桜。

ここから飯田橋の方向に向かって歩いてくと、大通りがあって、そこに先日高校の同窓生がランチをしたキャナルカフェがあります。いや、話には聞いていたけど、すっごい桜です。

次に九段の方向に向かって中央線の上から撮影した写真がこちら。すごくないっすか?こんな桜、初めて見たという感じです。

さらに武道館の方に向かっていき、暁星学園を過ぎてくと、武道館が見えてきた。

靖国通りを渡り、市ヶ谷方向に向かって歩き、明治の政治家、品川弥二郎の銅像を背中にして歩いて行く。弥二郎さんもまさか自分が九段の桜に囲まれるとはおもってなかったでしょうね。

こちらが靖国通り沿いの桜です。

いやあ、圧巻だと思ってたら、すぐ左手が、千鳥ヶ淵。

お堀に落ちた花びらの中でヨットが浮かんでいるのです。こんな風景も初めて見た。すごいです。
取り急ぎ、千鳥ヶ淵の桜を堪能してください。

すごい桜を見つつ、九段下の駅に向かった。武道館の入り口を通過し、

お堀端から、九段会館を撮影した。

さらに2枚撮影。写真を撮るのは楽しい。

桜は日本人の心ですな。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう