0 Shares

今月の日経トレンディ

今月の日経トレンディはいい特集をしてます。どう言う内容かというと、「Facebook & Twitter」と「最新タブレット端末」の二つの特集。両方共僕の仕事にもプライベートにも関係があるので、書店で思わず手にとってしまった。

まず、FacebookとTwitterについては、このブログでも何度も書きましたが、インターネットの一つの潮流がリアルタイムウェブ。つまり、今、何してる?ということに対して、あーじゃない、こーじゃないとコミュニケーションをとったり、情報を伝達したりするということだ。だから、先の東北大震災ではこのふたつのメディアは大活躍したし、後は、中東での政変でもコミュニケーションを取るという上で、重要な役割を果たしている。

つまり、ここから見出されるのは、親しい人達との間での情報をリアルタイムで共有するということであり、そのツールがFacebookであったり、Twitterであったりするわけだ。そして、それらのツールが加速度的に浸透していく背景としては、携帯電話の高機能化。つまり、iPhoneといったスマートフォンが台頭だ。

今回この日経トレンディでは、これらのアプリも紹介していて、これからFacebookやTwitterをやってみようという人達にとっては大変参考になると思うし、僕も値段の割には今のアプリが使いにくいので、新しいのにしようかなと思っていたので、グッドタイミング。SOICHA/j for Twitterがいいらしいですよ、早速ダウンロードしてみました。

これらのリアルタイムウェブが進むと、どうなるかということなんだけど、今言われているのはメールがなくなるんじゃないかって言われてる。ま、僕もツイッターに関しては、直接友人とやり取りするのが80%くらい。後はウェブやニュースに対するコメントかな。ツイッターのいいところは、PCでもiPhoneでもiPadでもいつでも同じ状態が保てるということ。これは、クラウドの力ということですな。とにかく、ここは面白いので、色々といじくっちゃおうと思う。

次に、タブレットかミニノートかというところだけど、結局Windowsが起動が遅く、かつユーザーに負担を課すものということで、ユーザーの支持が得られなくなった。以前にも書いたけど、ソニーがPCの開発に興味がなくなってきてる感じがしてて、Windowsそのものがつまらなくなってきたよね。

一方でタブレット端末は、起動が速いというのが売りだし、僕も何か調べたいときはiPadを使う。これらの機械にしても、ファイル作りはPC、閲覧はタブレットという流れになるだろうね。やっぱりキーボードやマウスという入力デバイスは使いやすいからね。

今度はGoogleのChromeOSのマシンが出てくるから、また、どうなるのか。楽しみです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう