0 Shares

New MacBook Air登場です

今、かっこいいパソコンといったら、これはもうアップル製品で、そのアップル製品で一番かっこいいのは、僕はMacBook Airだと思うのです。昨日の午前中くらいにアップルの決算の発表があり、そこでNew OSのLIONの発表がアナウンスされ、Twitter上ではNew MacBook Airも発表されるんじゃないかということで結構大騒ぎになった。

もともとアップルでは、新しいOSのアップグレードを7月にやるということはずっとアップルのホームページでアナウンスされて、じゃあ、一緒にMacBook Airも出るだろうということになり、さらに大手ネットメディアが絡んで、不確定情報が7月に入ったら、ものすごい勢いで溢れ出した。

それで色々と動きがあり、ついに昨日発表されたのですが、これはもう本当に僕も興奮しました。もともとこのモデルの薄さといい、実にかっこいいモバイルノートなんだけど、何年か前からずっと注目してた。

こういう機械は、小さくしたり、薄くするために機能を外したりするんだけど、MacBook Airも余計な物はどんどん省いてる。まずDVD-ROMがありません。かっこいいね。もうメディアは不要な時代になりつつあるから、これを外したのは大正解。昔のソニーもこういうとんがったところがあったけど、今このとんがったハードを出すのはアップルと、後は台湾のAcerかな。

僕は前は高スペックなハードが好きでしたが、それは処理にストレスを感じるのはいやだからね。ただ、僕も昔みたいにPhotoshopも使ったりしないし、せいぜいオフィスを使って、後はブラウザが使えればいいという感じなので、スペックよりも絶対にかっこ良さ。これです。で、ウェブサイトを見てみると、CPUはアップグレードしましたね。

あとは、バックライトキーボード。これはキーボードが光るから、暗いところでもキーボード叩けますよということで、こういう遊び心がいい。

前にウィンドウズマシンで、ゲーム専用のハイスペックマシン!っていうのがあって、高性能のCPUやメモリを沢山積んで、ハードディスクも大容量で50万!というのがあったけど、たかがゲームをするのに50万もお金を使うつもりになりません。

ま、今後タブレット端末がさらに浸透していくとパソコンとタブレットの使い分けということが出てくるんでしょうけど、少なくとも入力のしやすさはパソコンのほうがまだまだ上。ま、どう言う動きになっていくのか、アップルの動きは目が話せません。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう