0 Shares

大河ドラマのこと

先日、同級生とご飯を食べたときに今の大河ドラマ「」の話題になって、あれはあまりにもひどすぎるということで一致しました。ケチをつけてるのは僕だけじゃないということもあって、すごく安心した。

ちなみに篤姫は良かったよねということでも一致して、僕の感性もあながち外れてないのかなと妙に安心をしてしまったし、江と篤姫が同じ人が書いてるとは思えないということも同じだった。このドラマに出てる俳優さんたちは気の毒。どんどんブランドが下がっていく感じがする。

今の「江」に関しては、前作の龍馬伝がひどかったので、ものすごく期待をしていたのですが、原作者であり脚本も書いている田渕久美子さんが、やたら全面に出てきてるということにものすごく違和感があった。ただ、あの篤姫の田渕さんということもあって、当初は信頼はしてたんだ。ところが、田渕さんは、この江を書くにあたっては、上野樹里ちゃんをイメージして書いたとか、江は生物学的な勝利者であるというようなわけのわからないことを言ってた。

恐らく田渕さんという人は、自分の力で役者さんを集結させようという魂胆が僕には感じられる。つまり、橋田壽賀子のように同じような俳優陣を使って、ゆるいドラマを作り続け、俳優陣に対して一種支配力みたいなものを持とうとしてるんじゃないかということですな。

また、生物学的な勝利者であるというのもおかしな表現。これはどういう意味かというと、江が徳川秀忠の妻となって、家光を産み、そして江の娘が天皇を生んだということで、それがどうして勝利者になるかわからないし、結局このドラマを見てて分かる通り、江という女性は歴史的に何もやってないわけで、そのあたりを脚色せざるを得なくなってるということだと思うわけ。そこで、秀吉を悪者にして、なんか江はひとりでキーキー言ってるけど、人格的に優れていなければ、土民から関白にはなれないわけで、そのあたりがこのドラマでは欠落してるんですよね。

巷では篤姫は田渕さんのお兄さんだか、だれかが書いていたというゴーストライター説が実しやかに言われますが、それは本当にそうだったのかもしれないと思うくらい、今の江姫はひどいです。

歴史上の人物は、時の政府の歴史観などで表に出てこないケースがすごく多い。最近の例で言えば、坂本龍馬がそうで、明治政府の中心は薩摩と長州だったから、土佐藩の英雄をあえて世に出す必要はないと言う所があったようで、それを見出した司馬遼太郎さんは本当に偉大。

翻って言えば、江の場合は、浅井3姉妹という以外何もなくて、何もした人じゃないから歴史的にもメジャーにならなかったわけで、そういう人を無理な演出で延々と見せられる我々も結構しんどい。なので、最近は真面目に僕は見ません。姉貴の淀君のほうが有名なのは、豊臣家を潰してしまったというところにある。

江に関して言えば、将来豊臣家と徳川が対立して、豊臣は淀、徳川には江がいてどういう状況になるのか、どういう表現をするのかということのみが楽しみだけど、今の演出を見ているとおもいっきりてきとーなシナリオになりそうだ。

ところで、次回の主人公は、平清盛。僕はこの平安から鎌倉にかけての歴史はあまり良く知らないのですが、僕の母がこの平清盛をものすごく評価してた。歴史の教科書とか読んでいると、悪いやつというイメージが強いし、その後の平家の傍若無人ぶりの基礎を作ったのが平清盛であり、そういう負のイメージをどう払拭して、貴族時代を終わらせた武家の棟梁を表現できるかどうか。

そのあとは新島襄の妻八重を主人公にした「八重の桜」。主人公は綾瀬はるかちゃんで、彼女は「仁」でも演じたように武家の娘を実に上手に演じる。ただ、新島八重という女性は、かなりマイナーな人物でもあるので、そこを綾瀬はるかちゃんがどう演じるか見ものです。ただ、八重は幕末で最も虐げられた会津藩の出身で、新政府軍との戦いでは女性ながら大活躍したという豪の女性なので、人間的には面白いのかなという期待感もある。

大河ドラマに関して言えば、篤姫以来ろくなものがない。天地人も相当ひどかったし、龍馬伝もあまりにも劇画調でひどく、今の江はお話にならない。日曜日の8時って一番リラックスをしている時間なので、そこでストレスの貯まるドラマはもう勘弁してもらいたいものです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう