0 Shares

Googleアカウントを持つメリットその2

今日もGoogleアカウントを持っているメリットということですが、このオリジナルのアカウントを持っていると、自分だけのコンテンツをGoogleのサービスが勝手に生成をしてくれます。その最たるものが、購読しているブログの管理です。

通常気になるウェブサイトは、ブックマークに登録しておけば、いちいち検索をしたり、あるいはURLを入力しなくても、そのサイトにアクセスできます。ただ、ブログやニュースといった更新度の高いコンテンツでは、更新したときにアクセスしたほうが、効率的です。そこでおすすめなのがGoogleリーダー

最近ニュースとかでもブログ形式で配信してるものが多くて「RSS」となっているのがあれば、ブログ形式でニュースを配信しているということです。このあたりわかりにくいんだけど、僕の場合ブログやニュースを100件ちかく読んだりしていると、調べごと以外であれば、新しい情報がしりたい。

こうやってみると、今未読件数が48件。僕はそれらをチェックすればいいのです。つまり、ニュースだと僕は朝日新聞、日経、J-CASTを購読してますが、今現在未読なのは、5件。

こうやってみると、メールのソフトみたいなインターフェース。右上のリスト状で表示される見出しをクリックすると、本体サイトに移動しますし、興味がなければ「すべて既読にする」ボタンをクリックしちゃえばいいのです。

また、スター機能があるので、この記事を読み飛ばすだけじゃもったいないなあと思ったら、スターをつければいい。

あと、僕がよく使う機能は、Googleのサービスだから検索力が優れているので、何かを検索するとほぼ自分がイメージしている情報に行き着きます。その点でもこのGoogleリーダーはおすすめ。

次におすすめなのが、Google Chrome

これはGoogleが提供するブラウザです。ブラウザのシェアというのは、下のグラフを見てもらえればわかりますが、

インターネットエクスプローラ(以下IE)が、Windowsの標準ブラウザとして用意されているので、未だに圧倒的なんだけど、僕のようにこういうインターネットの仕事をしているような人たちは、まずIEを使わない。使うときはせいぜいwebサイトがIEできちんと表示するかどうかチェックするときだけです。なんでそんなことをするかというと、動作が重いので、使ってていらいらするんですよね。

IT系のサービスで快適に利用するということは、マイクロソフトのサービスと逆なことをやればいいです。ブラウザに関して言えば、重いIEと逆のことといえば、安全で動作が軽いということですから、それを実現しているのがGoogle Chrome。僕は最近WindowsからMacに切り替えちゃったので、Safariを使っていますが、それでもGoogle Chroomeは動作が軽いし、機能拡張機能があるので、カスタマイズが可能です。Chromeウェブストアというサイトがあるので、そこでお気に入りのものをダウンロードすればOK。ちなみにChromeの機能拡張は無料ですから、ご安心を。

あと、ここがクラウド推進企業であるGoogleらしさがあるのは、ブックマーク機能で、Chrome上で登録したブックマークはGoogleのサーバーにも登録されるので、数台端末があるのであれば、それらはGoogleアカウントでログインをしてしまえば、ブックマークも同期できます。

あと使いやすさという点では、ウェブサイトのアドレスが表示してる蘭がありますよね。ここに直接キーワードを入力して検索もできるし、ウェブサイトで気になったキーワードを選択してそれを右クリックすると、「Googleで検索」というメニューが表示されるので、いちいちGoogleのサイトなどに行かなくても便利。しかも動作が軽いということもあり、是非是非ダウンロードしていただいて、軽快なインターネットを楽しんでほしいです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう