0 Shares

小沢と鳩山は引退するべきだ

民主党の代表選が今月末に行われ、そこで新しい日本の総理大臣が決まることになっていて、代表選の候補者も乱立気味で、しかし、この党はどうしてこうも内紛が多いのか、不思議な政党だ。

テレビや新聞を見ていると、小沢さんと鳩山さんが民主党代表選のイニシアチブを握っているということで、400人議員がいる中で小沢グループが130人いるということもあり、その数でこの大事な選挙を壟断しようとしている。

民主主義は数の論理が優先されるんですかね。小沢さんのやり方は田中角栄さんや金丸、竹下のやり方をそのまま踏襲するやり方で、本当に力のある人を総理にせず、傀儡政権になるわけで、それがいかに政治をわかりにくくしたのか、わからないみたいですなあ。

かつて自民党が生き返ったのは、小泉さんが登場したから。今までずっと経世会によって壟断されていた政治を、国民の人気を背景に橋本総理を撃破して、結果的に5年に及ぶ長期政権になった。

今日本で最も期待されている政治家は、前原さんがダントツだ。国民は前原さんを望んでいるのに、小沢鳩山は自分たちの言いなりになる人を代表選にぶつけようとしている。ちなみに今回の代表選で名前が上がってるのは、

  • 小沢鋭仁元環境相(57)
  • 海江田万里経済産業相(62)
  • 鹿野道彦農林水産相(69)
  • 樽床伸二元国会対策委員長(52)
  • 野田佳彦財務相(54)
  • 平岡秀夫総務副大臣(57)
  • 平野博文元官房長官(62)
  • 前原誠司前外相(49)
  • 馬淵澄夫前国土交通相(51)

ということで、こうやってみると、代表選に出てくるのにふさわしいのは、前原さん以外は野田さんくらい。

小沢鋭仁は、環境大臣就任時に自分は鳩山に一番近い位置にいるとか言って、結構権力に執着するタイプだから、だめ。

海江田さんは、泣くからダメだし、問題外。

鹿野さんは花がないし、今回の農水大臣として仕事をしたかとは思えない。総理の器じゃない。

樽床さんは、力があると思うけど、閣僚経験がないからダメ。

平岡さんは問題外だ。

平野さんも出るのって初めて知ったけど、この人も全然ダメ。

馬渕さんは力があると思うけど、今は時期的に無理があると思う。

そうなると、前原さんと野田さんの一騎打ちになるのが一番だと思うけど、小沢鳩山は、権力闘争をしようとしているわけで、このメンツを見てると、野田さんが小沢さんたちと和解したという話は聞いたことがないし、小沢、海江田、樽床が小沢に近いと思うけど、樽床さんは力があるかもしれないけど、閣僚経験がないし、厳しいんじゃないかなと思うね。

今回、前原総理というのは民主党にとって最後の砦で、前原さんが総理になれば自公も攻めにくいし、失政がなく、しっかり政治を運営できれば、民主党再浮上もあり得るけど、野田さん以外はちょっとものすごく難しいと思うよ。一番いいのは、小沢と鳩山が政界を引退して、一切手をひくことだな。早く消えてほしい。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう