0 Shares

身の処し方

ヒーローというのは、だいたい天寿を全うしない。信長なんて、あれだけ多くの人を殺してめちゃくちゃしていても、後世の人達は日本史上最も天才と評価してる。でも、敵から見たら鬼というか、人殺しの親玉だけど、その革新性から見ると偉大さが上回っているわけだ。

坂本龍馬や高杉晋作だってそうだよね。龍馬は32歳の時に暗殺されているし、高杉晋作にいたっては30前ですよ、酒の飲み過ぎで死んでる。

結局年をとってるから、すごいとは言えないことが多いと思うんだよね。つまり、年をとると耄碌するわけで、それが老害になると周りに与える迷惑は大きいし、その人が力のある人だと尚更だ。

これは、豊臣秀吉という人は、天下をとるまではさっそうとしてすごくカッコイイと思うけど、天下をとって年をとるに連れて、甥っ子の秀次一族を公開処刑したり、朝鮮を攻めるなどろくなことをしてないわけで、結局このやり方が豊臣の時代を作らせなかった要因にもなった。

最近だと、読売新聞のナベツネとかひどいもんだね。彼の息がかかった読売新聞とか日テレとか、特に政治の報道は偏っちゃってひどい話だ。どうしてこの人はサラリーマンなのにこんなに力があるんだろうか。ま、政治記者として政治家と通じているから、そこが力の源泉なんだろうね。

今回の民主党代表選についても、今まさに野田さんが代表に決定しましたが、小沢一郎グループが、海江田さんというどう見ても力のない人を押した。小沢さんは細川政権の時からずっと政治の最前線にいる稀有な政治家なんだけど、今回の民主党の代表選でセンスのなさが露呈した。恐らく小沢さんは、田中さんのように数を背景に政治を使用としたんだろうけど、それは、まだ総理になるべき人が何かしらの力があればいいんだろうけど、海江田さんは申し訳ないけど、政治家になる前は、どうすれば節約できるかとか、そういう家庭内の経済を圧縮するためにはどうしたいいかというようなことをしてきたわけで、とても日本のトップになれる人じゃないのは、僕らが素人を見てもわかる。しかも、国会の論戦で泣いちゃうっていうのは、まずいよ。

そういう人を日本の総理に押そうというのは、間違ってる。新聞とか読んでると、幹事長のポストが取れないから云々という話が出てくるというのは、あまりにも視野が狭いし、内向きの政治としか言いようがない。

僕は、今回の民主党の代表選で、仮にもし海江田さんが勝って日本の総理になったとしたら、確実に日本は衰退すると思ってた。ところが、今日の代表選は、海江田さんが小沢さんのグループで1位になったけど、決選投票で野田さんが小沢グループ以外の投票を取り込み、代表に就任したことは、まだまだ民主党はまともであることがわかった。

これを機に、小沢さん、鳩山さんは自民党のような政治をしようとしたわけで、彼らがいることで逆に日本の政治が危うくなる。そう考えるとすみやかに政治を引退してもらいたい。そう思いますわ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう