0 Shares

その後のMacBook Air

20年くらい前にMacintoshをゲットして、パソコンはもう何台も買いましたけど、買う時に興奮しちゃったのは、1台目を除くと、VaioのZというそれはもう恐ろしくかっこいいノートと、今回のMacBook Airです。

このノートは、世に出てから今回で3回目のモデルチェンジだと思うけど、スペック的にも全く問題ないし、価格も安いし、小さくて軽いしと。とにかく申し分がないのです。特にこのマシンが最高なのは、起動とシャットダウンの速さ。

これが、このマシンの起動時間。

こちらが、このマシンのシャットダウンのムービー。ウィンドウズではありえないスピードの速さで、もうそろそろGoogleからも新しいOSのマシンが登場しますが、どのくらいのスピードが出るのか。

パソコンが機械である以上、スペックも大事なんだけど、僕なんか見かけ重視だから、やっぱりかっこいいのに越したことはありません。なので、僕にとってこのMacBook Airは申し分ありません。

ただーし、気になることがじつはありまして、アップルのサポートとも相談の上、先日OSを改めてインストールしなおしました。それ以前に使い方も変更しました。

当初は、このMacBook Airをあらゆる点でメインにしようと思ってたのです。つまり、写真や音楽データーを全部こいつに入れちゃえという事で、僕の場合音楽データーと写真のデーターは30GBくらい。それでも全体のストレージは半分くらい余るだろうと思ってたんです。

ところが、実際には、その音楽データーと同じボリュームで「その他」という領域ができていて、ストレージを圧迫していることが判明。アップルのサポートにも確認しても、良く分からないということで、ただ、全く不明のデーターの領域があってそれがストレージを圧迫してるのはいかがなものかと思い、僕は、おかしいじゃんとアップルに指摘したら、アップルのサポートのお兄ちゃんは、申し訳ななさそうにフォーマットしてもらえませんかということでしたので、結局僕もフォーマットしてしまった。

このその他っていうのが何なんですかね。今も11GB近く占有してるんですよね。音楽データーも写真も何も入れてないし、アプリケーションだった、オフィスとGoogle Chromeしか新規でインストールしてないのですが、それでも約10%はストレージを占めてて、気持ち悪いです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう