0 Shares

沖縄旅行記その3ー美ら海水族館

沖縄は、本当に行く時に必ず訪れるのが、美ら海水族館。今回も行ってきたのですが、去年に続いて3回目となりました。僕は思うに、ここは、日本一の水族館じゃないかと思います。

いいところはあとでゆっくり書きますが、悪いところをまず書いておくね。

まず、ロケーションが悪い。立地的には、北部になると思うのですが、名護市を通過してそこからも結構距離がある。

大きな地図で見る

那覇からだとおそらく自動車でも1時間半はかかる。バスとかで行っちゃうと、2時間は絶対かかるね。そう考えると、沖縄中部から北部の恩納村から名護市あたりで泊まるしかないということで、那覇からだと結局一日まるまる使っちゃう感じになる。まあ、那覇とかに泊まることもないし、泊まるにしても恩納村か名護だから僕的にはいいんだけど、それにしても場所がいいとは決して言えません。

一番いいのは、レンタカーを借りていくのがいいんだろうけど、駐車場も混んじゃうとまた面倒だということもあり、今回は、ラド観光という旅行会社が主催するバスツアーを利用した。

このツアーは、水族館の他に

  • 蝶々園
  • ナゴパイナップルパーク
  • 琉球ガラスなんとか

にいき、しかもランチが付いて4700円ということですから、コスト的にはかなりお得。ランチは蝶々園で食べるのですが、まあ、こんなものかなと笑。ちなみに今回の旅では食事の際、全て写真を撮ったのですが、ここのランチは撮影しませんでした。

ナゴパイナップルパークも、クチコミサイトを見ると散々な感じで、確かにここもひどかった。ここは、パイナップルを買えというスポットで、それが目的なのに入場料は600円とるし、蝶々園もそうだったけど、二度と来ないお客を相手にするような商売をしてます。ここのクチコミはこちらから見れます。僕みたいなリピーターもいるのにって思いますけどね。ただ、水族館の入場料が1600円で、それに往復のバスということもあり、4700円というのは、コスト的にはかなり安いんじゃないかなと思いますね。

で、過去2度の美ら海水族館は、大雨だったのですが、今回は快晴。海洋公園からは、伊江島を一望することができました。この伊江島というのは、太平洋戦争で米軍が上陸してきて地上戦が展開されたところです。米軍も飛行機で飛来してくる時は、この城山を目印にしたらしい。富士山と一緒ですな。

大きな地図で見る

こんな感じでロケーション的には相当問題があるのですが、ここのコンテンツはすごい。今回で3回目ですが、いつ来ても興奮します。そんなに多くの水族館に行ったことがありませんが、おそらく日本一の水族館なんじゃないかと思うのです。

とりあえず写真をアップします。水族館の写真って難しいんです。

クラゲはきれいだね。こんなのいたっけ?というかんじです。

そしてメイン。ここにマンタやジンベイザメがいます。この大水槽は壮観で、いつ見てもすごい。この人影のシルエットも素敵です。

ただ、写真だけだと、わかりにくいので、動画をアップします。

外に行くと亀をみるところがあり、こんな感じでのんきにカメたちは泳いでます。ここで面白かったのは、一匹の亀が機嫌が悪かったらしく、自分の前にいる亀をボコって殴ったんですよ。

この美ら海水族館は海浜公園の敷地内にあって、この亀さんの施設も水族館とは別にあります。また、こういうところですから、イルカの飼育もやっていて、オキちゃん劇場でいろいろなことをやってます。こちらも動画を撮りましたよ。長いです。5分あります。(しかも音が出ます)

美ら海水族館は、首里城と並んで沖縄本島の観光スポットですが、とにかく中身の濃い水族館なので、沖縄に行かれたら、ぜひ。僕も今度本島に行けば、必ず行きたいスポットの一つです。今回思ったけど、天気がいい時はここ、最高です。なんで雨がダメかっていうと、とにかく沖縄の雨って半端じゃないんです、すごい雨が降るので、天気が悪いと大変です。天気がいいと、冒頭にも買いたけど、伊江島が見えたりして、こっちの風景は最高ですから、観光客にとって。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう