0 Shares

沖縄旅行記その4ー離島の事

2006年に行った宮古島です

沖縄は、ここ数年は必ず行ってるのですが、そのきっかけになったのが宮古島です。宮古島の海はほんとうに綺麗で素晴らしい。地元のタクシーの運転手さんが、宮古島の海は世界一だっていったとき、何を言ってるのと思いましたが、沖縄本島、石垣島にも行きましたが、確かに宮古島の海は世界一かもしれないと今は思ってる。

これも宮古島

その宮古島の海がどう素晴らしいのかというと、ビーチで魚が泳いでいるんですよ。僕は、それがきっかけでシュノーケルをするようになったし、海の魚を撮りたい!ということで、写真を撮るのが趣味のようになりました。

で、本島のビーチに魚がいるかなと思ってもいなかったし、石垣にもいなかった。やっぱり海は宮古島なのかなと思っていたところ、本当の周囲にも色々と離島があり、その中で水納島という島があるということを知り、調べれば調べるほど、海のきれいな島であることがわかった。場所は、名護の方に行って、そこから船で行きます。

大きな地図で見る

で、水納島、行きました。確かに「海」は素晴らしい。今まで本島は何回も来たけど、「海」は素晴らしい。ビーチにも魚くん、いました。写真アップします。

水納島に行くには、まず、本島から船に乗ります。

15分ほど乗ると、島に到着。海はエメラルドグリーンです。

前回紹介した伊江島も一望できる。

ビーチは若者が多いです。というか、若者しかいません。僕は大学の時のスキーを思い出した。とにかく若い人達は、よくはしゃぐ。あと、不思議に思ったのは、アクティビティの受付の人たちは、みんなEXILEみたいな連中ばかり。今は、EXILEみたいなのがかっこいいんですかね。おじさんには、EXILEの良さがわかりません。

水納島にはこういう人がたくさんいました。特に左前の人はたくさんいた。何故?

到着早々、お腹も空いたのでご飯を食べに行きました。

いかにも海の家という感じで、この島にはこういう感じのところしかありません。あと不思議だったのは、お店のおばあちゃんに話をかけても無視するんですよね。これって、客商売の対応じゃないと思うんだけど、どうなのかな。何故無視するか?ってことです。わからん。

この坂を下るとビーチがありますよ。早速頂いたランチは、「選べるランチ!」という触れ込みでカレーにしようと思ったけど、結局沖縄そば。お味は、可もなく不可もなく。ただ、もう一度食べる?って聞かれたら、食べない。

お腹が膨れたので、早速ビーチに。さかなクンいましたよ。

動画もとりました。きれいですよ。

少し沖に行き、シュノーケルもしました。

人が写っちゃってるけど、魚の向きが良かったので、ご案内します。

動画もあるよ。

で、この水納島ですが、海だけなんだよね、いいのは。アクティビティのEXILE君も、売店のおばあちゃんたちも観光地にいるという自覚がない感じがする。それは、相手を見ていえというところがあって、僕らのように年配者になると、あの対応はないだろという感じ。

せっかくこういう素晴らしい海があるのに、人でダメにしちゃってる感じはしたよ。海は最高だっただけに、残念ですなあ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう