0 Shares

Androidタブレット

スマートフォンが躍進して、その流れでタブレットといわれるスマートフォンを大きくした端末がマーケットに出現した。僕は新しいもの好きだからiPadを持ってますけど、起動も早く快適です。なので、友人にもおすすめして、素直な友人は二人買いました。

タブレットと言うと、iPad以外にはGoogleのAndroid端末があります。AppleのiPad以外はほとんどがAndroidで、僕はGoogleという会社はものすごく肯定的に評価をしているんだけど、このAndroidは当分はうまくいくのかなと思うのです。

iPhoneやiPadがマーケットには突然出てきたわけじゃないのです。この2つの端末の元になるのが、iPod touchで、iPhoneはこのiPod touchに通信機能をつけたものだし、iPadも似たようなものです。このiPodを思いっきり進化させたものが、iPhoneでありiPadです。

このiPodというハードは今からちょうど10年前に発売されて、当時はMacintosh専用の音楽プレーヤーでしたが、翌年にはWindowsにも対応し、これで飛躍的にユーザーが増えた。その後、様々なシリーズを発表して、そして2007年にiPod touchが登場します。ここで、音楽プレイヤーの域を超えて、様々なアプリをインストールできるようして、また多くの人がアプリの登録もできるようにして、翌年iPhone3Gをその翌々年にiPhone3GSを発表するという流れです。

ここでiPhoneの強みは優れたアプリの量が膨大で、ユーザーはそれを検索することができるということと、アプリの管理をAppleが行なっているということで、極端に言えばウイルスの脅威にはそれほど晒されないということ。これは後述しますけど、使い勝手という点で考えると、すごく重要なところです。

一方Android端末に関して言うと、iPhoneとの優位性はハードのスペックだけ。Android携帯のCMって、この携帯がいかにハイスピードであるかとか、お財布ケータイが使えるとか、後はカメラがすごい、TVが見れるとかをアピールしてる。これは、逆にいうとキラーコンテンツがないという事を言ってる裏っ返しなんです。

他には、FacebookやTwitterが簡単にできると言っているけど、スマホとして、これが出来ないと全くお話にならないのです。最近SONYのAndroid携帯のCMで、女の子が「つぶやきやすいよねえ」っていうのがあったけど、あまりにも妙でこのCMが放映されると爆笑してます。

また、Androidは、仕様を公開しているので、これはウイルスも簡単に出来ちゃうという事。という事は、Androidユーザーは、アンチウイルスソフトをインストールし、常にアップデートしないといけないわけで、それだけユーザーがしなくてもいい負担を強いる事になる。つまり、これはGoogleが自分のことは自分で守りなさいよというメッセージで、これは以前のWindowsと全く変わらない。

Windowsは、ふざけたOSで、Windows向けのウィルスの被害の責任は取らないし、アンチウイルスソフトは自分で買って、自分で守りなさいという態度。僕はこの態度が、Microsoftが凋落した最大の原因だと思うよ。ユーザーが負担するのは当たり前だという設計は、これはユーザー軽視と言わざるを得ないと僕は思うし、それが結局会社のブランドにも大きく影響すると思うね。

Googleに関しても、そういう所がすごくあって、去年くらいかな鳴り物入りでGoogleブランドの携帯を発売したんだけど、電話サポートがなくて、サポートのやり取りはユーザー同士でやってくれと、無料のサービスと同じ事をやって大騒ぎになったことがあるんだよね。金を払ってる人の気持ちが、たまにものすごくわからないことをたまにここもやるんだよね。僕も広告でGoogleと仕事をしたことがありますけど、絶対に電話番号は表記されてません。すべてメール。このあたりにGoogleの弱点が僕はあると思いますよ。つまり、証券会社とか不動産会社では絶対にありえない通信環境なのです。

インターネットがインフラとしてある以上、セキュリティ対策はユーザー自身がやれというのはどうもしっくりいかない。セキュリティ対策をしないとダメな製品やサービスを展開すること自体が、僕は間違ってると思うし、それが当たり前というのはダメです。

そういうこともあって、僕はGoogleという会社はすごく尊敬していますけど、Androidに関していえば、今まで読んでもらったら、わかるけどはっきり言ってダメだと思うね。

先日、大騒ぎしていたSONYのタブレットをソニービルで見てきたんだ。ハードの筐体は工夫している感じがしたけど、もともとAndroid端末ということでやっぱり無理がある。プレステのゲームが出来るよということで触ってみたけど、グラフィックが荒くて、これだったらプレステをテレビでやったほうがいいと思ったね。結局一事が万事こんな感じなので、実に

色々とケチを付けて申し訳ないんだけど、やっぱりAndroid端末は僕は使わない。メーカーもそんなにケチつける奴に使ってもらいたくねえよ!って思ってるだろうけど、使いません。僕は、Googleのアプリケーションの親和性がすごく高いよ!ってことをアピールするべきだし、Picasaの容量をそれこそ10G Bとかね。持ってるメリットみたいなものをもっとアピールすればいいと僕は思うけどね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう