0 Shares

井上真央ちゃんのこと。

最近、AERAってあまり読んでなくて、なにか記事の内容が偏ってる感じがして、ここ何年も買ったことがありません。ただ、昨日地元で買い物ついでに本屋によって、たまたまAERAの表紙が目に入ってきて、ぱらぱら立ち読みをしていたら、本の中心部に井上真央ちゃんが載っていて、おひさまのことをインタビューで答えているということもあり、久しぶりにゲットしました。

僕にとって気になる女優は、今までは宮崎あおいちゃんでした。そのきっかけになったのは、大河ドラマの篤姫。僕はこの大河ドラマが好きで、DVDまで買っちゃって、結構何度も見たし、篤姫関連のあおいちゃんのインタビューも読んだりしました。
天璋院
このドラマであおいちゃんが主人公に選ばれたのは、もともと天璋院がそんなにきれいない人じゃなかったので、美人タイプじゃないあおいちゃんが選ばれたんだそうです。僕はすごくかっこいい女性だと思いますけどね。ただ、美人だということで今回の江~姫たちの戦国~みたいに失敗した例もあるので、世の中何があるのかわかりません。
で、この篤姫のことで宮崎あおいちゃんが言っていたことは、役を演じていると篤姫が私の中に入ってくるんですっていうことで、僕は、あ、女優という仕事はすごいとこの時初めて思ったのです。つまり、そのくらい役に入り込めないとああいう力作はできないんだということで、それは歴史物であれば当時のことを深く理解しないと、役になりきれないんじゃないかなと僕は思うに至りました。
そんな感じですから、僕は宮崎あおいちゃんはずっと注目してますし、「ソラニン」や「少年メリケンサック」は観ました。彼女は、こういうどこにでもいる女の子の役を演じるとやっぱりいいですね。今度は、「ツレがうつになりまして。」は見に行きたい。ちなみにソラニンには、おひさまの陽子の旦那さんの役を演じた高良健吾くんがあおいちゃんの彼氏役で好演してます。

ソラニン スタンダード・エディション [DVD]
TCエンタテインメント (2010-09-03)
売り上げランキング: 4,167

少年メリケンサック スタンダード・エディション[DVD]
VAP,INC(VAP)(D) (2009-08-07)
売り上げランキング: 8,875

で、井上真央ちゃんですが、彼女の場合はこれだけルックスもよく、演技も素晴らしい女優さんは珍しい。NHKもよくおひさまのヒロインに抜擢してくれたというくらいです。
で、このAERAの記事で思ったのは、おひさまというドラマが東日本大震災が起きた年に放映され、誰も見てくれないんじゃないかと心配になったと率直に真央ちゃんは語ってます。また、このことで、彼女が女優として演じる意識の変化について以下のように語ってます。これは引用します。

被災地を訪れた人から、避難所の体育館にある1台のテレビに皆さんが集まって「おひさま」を見ていてくれたと聞いたときは、本当にうれしかった。それまでは「この役をどう演じよう」などと自分の思いが先に立っていましたが、「誰かのために演じたい」という意識が強くなったのです。

いや、すごいですね。こういう意識というのは、24歳なのにものすごいプロ意識だなと僕は感激してしまいました。また、彼女はこの「おひさま」の主人公をやるにあたり、大きな不安があり、こちらも引用します。

私の中で朝ドラのヒロイン像は、とても積極性があって自分で道を切り拓いていく女性。「おひさま」ではむしろ育子や真知子がそうで、陽子は運命を受け入れるタイプの女性でした。
そんな受身の姿勢がヒロインとして成立するのか不安で、脚本家の岡田恵和さんに相談すると、「今回はそれでいいんだ」とおっしゃっいました。周りの人を見守り、受け入れる女性で、先頭に立つのではなく中心にいる。それこそ太陽のようなヒロイン。

あれだけの大型のドラマをヒロインを演じるには、多くの悩みがあるでしょうけど、それを自分なりに消化して、主人公の陽子を演じきった真央ちゃんはすごい。改めて僕は思いました。
ま、僕が思うことは、若手女優では相当のレベルに真央ちゃんは到達したと思うので、変なドラマやバラエティには出ずに、きちんとした映画を中心とした活動をして女優のブランドの向上をして欲しいと思いますね。
おひさま 完全版 DVD-BOX1【DVD】
TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D) (2011-09-21)
売り上げランキング: 66,460
おひさま 完全版 DVD-BOX2【DVD】
TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D) (2011-11-21)
売り上げランキング: 63,674
おひさま 完全版 DVD-BOX3<完>【DVD】
TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D) (2012-01-21)
売り上げランキング: 58,632

この記事が気に入ったら
いいね!しよう