0 Shares

iPhone iOS5その後

ここずっとこのブログは女の子の事ばっかり書いてましたけど、今日は久しぶりにiPhoneのことを書こうと思います。iPhoneのOSが、iOS5にアップデートして、アップデート時にトラブルがあったりとかしましたが、概ね使いやすくなった感じがする。ちなみに先ほどIOS5.01にアップデートしたけど、iTunes経由であっさりできちゃいました。


色々と動きを見ていると、バッテリーの持ちが悪くなったということですが、僕の場合iPhone4からのアップデートしたほうですし、バッテリーの持ちは前から悪かったから、僕は常に携帯バッテリーを持ち歩いているので、そんなに悪いことは感じませんでしたねえ。

で、iOS5で僕が一番重宝しているのは、通知センター。詳細は、Appleのサイトを見てもらえばわかるのですが、予め通知をしたいアプリを登録しておくと、情報がアップデートするたびに通知してくれます。こんな感じです。

これはメールが来た通知が表示されます。あとは、こいつを指で左から右になぞると(カタカナで用語がありますがわすれました^^;)、このメールが表示されるという、大変便利な機能だと思うね。こちらは、

設定>通知で、通知して欲しいアプリを登録しておけばOKです。僕はメール以外に、Facebook、Twitter、インスタグラム、リマインダー、カレンダーを登録してあります。あ、後お天気ね。

ただ、たしかにメモリを食うようになったりして、そうするとアプリの動作が緩慢になったりします。特にフェイスブック、プロカメラ、Instagramといったメモリを食うアプリの動作が、iPhoneを使っていると遅くなります。特にiPhone4だとそうです。

なので、このメモリを開放してあげないと使いにくくてしょうがない。で、僕が使っているアプリがSYS Activity Managerという85円のアプリです。無料のものもありますけど、これは閲覧できるだけで、メモリを開放してくれません。なので、買うんだったら、この85円のをゲットするといいと思います。

起動すると、だいたいこんな状態。

円グラフの左のボタンをクリックすると、どんどんメモリを開放してくれます。
こんな感じ。

こうなると、重いアプリも動作が軽くなって良い感じです。本来であればね、こういうアプリがある事自体が問題あるんですが、それでもAndroid端末よりもずっとiPhoneのほうがいいので、当面このアプリは必携です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう