0 Shares

iTunes周りが強化された件

今日は、Appleが提供するiTunes周りがものすごく強化されました。これは利用者としての使い勝手、僕個人も含めて、実にユーザーの視点に立った大変素晴らしいアップグレードなので、今日の記事にまとめさせてもらいます。

で、どういうことができるようになったかは、日経でも書いてあるので、
アップル、日本でもクラウド型音楽サービス開始
ということで、これはiTunes in the cloudというサービスで、かいつまんで書くと、iTunesで音楽を購入すると、Appleの関連端末に音楽データーをダウンロードが出来て、聞くことができるというモノ。

従来は、iTunesで音楽を買って、例えばその曲をなくしちゃったとか、データーが消えちゃったということになると、また改めて買わないといけなかったんだけど、一度買っちゃうとその記録が残るので、もし、仮にデーターを無くしちゃったということでも、iTunesにログインすれば再度ダウンロードできるということになった。あとは、例えば僕はMac2台、iPhone2台、iPad1台あるけど、仮にiPhoneで曲を買うと後は自動的にそれぞれの端末に音楽データーがダウンロードしてくれることになった。

この方法は、日本の音楽業界は納得しないって最初から言われていたんだけど、なんとかクリアしたみたいだね。ま、今やCDで音楽は聞かないだろうし、色々と端末もあるからそのたびにいちいちダウンロードしていても面倒だったし、個人が複数の端末に音楽を入れる場合は、端末の数だけ曲を買うべきだという考え方が、日本の音楽業界にあったらしいんだけど、ユーザーの立場から見ると、実に不合理だし、不便極まりない。Appleがどういう交渉をしたかわからないけど、早く現実的になって良かった。

また、この方法がいかにユーザー側に立っているかというと、前述したように仮に音楽データーを紛失しても、再ダウンロードができるということ。買ったデーターがAppleのサーバーに残っていれば、それで問題はクリアするということです。

ここで大事な事は、まず色々な端末があってそのダウンロードは自動的に行われるということと、ユーザーに経済的な負担をかけないということ。インターネットが普及した今日、一番大事なことはいかに利用者に負担をかけないようにするかということで、Appleはまさにそれを実現した。これは賞賛に値します。

次に大事なポイントは、SONYの楽曲が提供されることが決まった。SONYの洋楽のアーティストってものすごい量なんだけど、
http://www.sonymusic.co.jp/Music/International/Arch/
サイトを見てもらえばわかるけど、ものすごく見にくいし、こういうサイトを作るだけでもうSONYがいかにだめかってわかるんだけど、この大量のアーティストの曲が買えるようになった。これは僕のように古い洋楽ファンにとってはとても有難いことでして、SONYが提供しないだけで、どれだけ面倒だったか。ちなみに僕はジェフ・ベックの古いのが聞きたかったので、これがiTunesで買えるのが嬉しいことだ。

ただ、残念なのは国内アーチストがまだまだと言うところで、僕の大好きないきものがかりの楽曲はまだ買えない。確か今月末ニューアルバムが出ると思うのですが、これもリアルなメディアを買わないといけないということだね。不便です。

SONYがダメになったということは、ここ最近ずっと言われているんだけど、僕は立て組織の弊害なのかなと思っていましたが、このSony Musicのサイトをみると、一目瞭然だね。内部からダメになってる。このアーティストリストを見てもわかるように、どういうアーティストが居るのか全くわからない。ページトップに注目のアーティストということで、スコーピオンズがリストアップされているけど、このバンドは引退したバンドだからね。一事が万事、こんな状況です。

ま、SONYの悪口はどうでもいいです。次にコンプリート・マイ・アルバムと言う機能も面白い。これは説明しにくいので、引用するね。

iTunes Storeで一部の曲だけを買ったけれど、今度はアルバム全部が欲しくなった。そんな時、これからはコンプリート・マイ・アルバム機能を使いましょう。あなたがすでに購入した曲の金額がアルバムの価格から差し引かれるので、差額だけでアルバム全曲があなたのものになります。

これもユーザー側に立っているサービスで、実に素晴らしいですなあ。今、ユーザー側の立場を一番良く考えているのは、AppleとAmazonで、こういう状態が続くとMicrosoftはもう足元にも及ばない。MSの場合はXBoxというエンドユーザー向けのハードを扱っているんだから、このあたりをうまくやらないとだめだろうね。Googleは、Androidに注力する以上もう少し模索が必要かな。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう