0 Shares

50代向けクラウド入門ーまずはスマホから

僕は、ここずっとITの仕事をしているし、もともと新しいものが好きという軽薄なところもあるので、MacがどうだとかiPhoneがどうだとか、騒いでいます。でも、こういう機械をいじっていると楽しいということもあって、いじってます。じゃあ、なんで楽しいかというとやっぱり便利なところもあるし、お!こんなこともできるの?というサプライズが未だにあって楽しいわけです。

で、ここ数年僕は高校の同級生の一緒にいることが多くて、結構ガラケーを使ってる人が多いのです。もちろん、使い方ということもあるけど、どうしてまたそんな不便な携帯電話を使うのがよくわからないのです。スマホが電話で通話しにくいということも聞くんだけど、僕はまずあまり電話を使って話をするということがないので、そうするとスマホが僕にはしっくり来るし、スマホがあると僕は楽しいし、色々なこともできるので、恐らく普通の携帯には戻れない。遊べる機械だということですね。音楽も聞けるし、カメラもついてるし、ゲームもあるし。

じゃあ、スマホを買うんだったら何がいい?ということをよく相談されるので、僕は迷わずiPhoneが良いといいます。僕の言葉を信じて買ってくれた人はもう何人もいて、このことでその人とはもっと仲が良くなったりとかして、悪いことはないです。それはiPhoneが良くできているスマホだということなのですが、今回はスマホとは何かということを説明します。

次に、スマホとは何かと言うと、スマートフォンの略で、簡単に言うと電話機能がある小型のパソコンだと思ってもらえばいいです。パソコンなので、WindowsのようなOSがあります。その人とはOSによってスマホの種類もあるのです。

そのスマホの種類は

  • Android
  • iPhone
  • BlackBerry
  • Windowsフォン

がメジャーなところですかね。

AndroidOSというのは、検索エンジンのGoogleが無償で提供しているOSです。なので、世界的に一番利用されているスマホのOSです。有名どころだとサムスンのGALAXY。この端末とiPhoneが恐らく世の中のスマホのシェアの大半を占めてるはず。後は日本のメーカーは全部Androidを採用している。

iPhoneは、アップルが開発して販売しているスマホです。アップルは今や世界で最も株価の高い企業ですが、iPhoneがものすごく寄与しているといっても過言ではありません。

BlackBerryは、僕はそんなに詳しくないんだけど、日本の外資系の人がよく持ってますね。これは、PCのWindowsとの親和性が高くてビジネスにはいいみたいですが、AndroidとiPhoneに押されて、経営不振に陥ってます、大変だ。キーボードとか見てると、入力しにくい感じはする。

Windowsフォンは、Microsoftがやってるスマホですが、今までは恐ろしく使いにくいOSでしたが、Windows8に連動して使いやすくなるんだろうと言われてますね。売りは、オフィス、つまりexcelやWordなどと連動しやすいということです。

こうやって見ると、GALAXYが売れてるというのがわかるカンジがするくらいかっこいいね。一方でWindowsフォンは申し訳ないくらいバタ臭い^^;

ちなみにシェアの推移はこんな感じ。

SymbianというのはノキアのOSかな。ガンガン下降気味ですね。Badaは知らん。RIMはBlackBerry。こうやって見ると、AndroidとiPhoneの二強という感じです。

次回はこのOS毎の説明をしますね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう